レインボープールで役立つ持ち物と無料サービス・割引券を現地調査!

こんにちは!Sakuraです。

先日、昭和記念公園のレインボープールに
行ってきたのですが、めちゃめちゃ楽しくて、
来年はプールパスポートを買おうかななんて
思っているSakuraです。

そして、今回現地に行ったことで分かった、
レインボープールならではの「持ち物」や、
無料サービス」、はたまた、すぐ何だっけ?って
忘れてしまう「割引券の買い方・使い方」について、
備忘録も兼ねて、書いてみました!

レインボープールに行こうかな~と思っている方
の参考になれば嬉しいです!

あ、可能な方は、できるだけ平日に
行ってみてくださいね~!

スポンサーリンク


レインボープール概要

東京都立川市の昭和記念公園の中にある、
首都圏最大級の面積を誇るレジャープール施設
レインボープール」。

流れるプール波のプールスライダー
浅い小さなお子さん向けのプールなど、
9種のプールがあり、子どもはもちろん、
大人も一日楽しめる施設です。
(ただし、オムツは水遊び用オムツも含め禁止です)

レインボープールは毎年夏休み期間
のみ”の営業で、開園時間は
9:30から17:30~18:30
となっています。

終了時間は、平日か休日かによっても
違いますので、昭和記念公園のレインボー
プール特設サイトでご確認ください。

電子チケットの使い方(割引券)

今回は私が初めて使ってみた、
電子チケットについて、現地での
利用手順をご紹介したいと思います。

まずは、通常のチケット購入方法について、
ざっくりとご紹介しますね。

チケットはどこで買う?

レインボープールの入場チケットは
昭和記念公園の公園入口ゲートの横
購入することができます。

しかも、SuicaやPasmoを見せるだけで
大人1枚につき200円の割引も受けられます。

しかし、別記事でもご紹介したように、
平日の9:30でもチケット購入はほぼ確実に
並びます
ので、事前に割引されたチケットを
購入しておく
ことをオススメします。

公園入口ゲートでもチケット購入の列に並ばない
ですみますし、それだけ早くプールが楽しめます。
場所取りも気になりますしね。

しかし小さなお子さん連れですと、当日になって
熱が出て急に行けなくなるなんて心配もあり、
やむなく当日チケットを買うという人も
いると思います。

ご安心ください。

事前購入のチケットは利用可能期間が
設けてあります
ので、もしも予定していた日に
行けなくなったとしても、
別日に振り替えることができるんです。

ですので、繰り返しになりますが、

チケットは

前に」

「現地以外で」

買いましょう!

では実際にチケットを事前購入する
方法
ですが、現在は以下の3つがあります。

コンビニで購入する方法

以下のコンビニにあるチケット発券機に、
商品コード 024 8899 を入力して、
購入する方法です。
(JTBの商品になります)

ローソン・・・Loppi

ファミリーマート・・・Famiポート

セブンイレブン・・・マルチコピー機

サークルKサンクス・・・Kステーション

 

コンビニでチケットを発券する操作にある程度
慣れていて、コンビニが地元駅や自宅近くに
ある人にとっては最もシンプルな方法です。

ちなみに、西立川駅の昭和記念公園と反対側の
出口に、ファミリーマートがあるようです。

どうしても当日直前でないと、という方は
こちらで購入するのも手かもしれません。

チケットはネット購入し店頭でチケットを受け取る方法

セブンチケット

ローソンチケット

コンビニでの機械操作に不慣れだけども
ネットショッピングになれている人
最も良い方法です。

しかし、結局はコンビニまで足を運ぶ
必要がありますので、私のように全部ネットで
済ませたい!
という人は、次の
電子チケットがオススメです。

電子チケットを購入する方法

とはいえ、電子チケットを購入して、
どうなるか、やや不安もありますよね?

今回、私が利用したのは、
るるぶレジャーチケットのサイト、

PassMe!

です。チケットレスで直接
プールに入れちゃう!という方法です。

こちら、サイトへの会員登録(無料)は必要ですが、
月会費もいらず、出かける当日の購入でも
OK
なので、とても気軽です。

注意点としては、こちらのサイトはスマホから購入
可能で、パソコンからはできません。

というのも、PassMe!の場合、スマホ画面に
チケットが表示される
ようになっていますので、
スマホ自体がチケットになるからですね。

お出かけ当日はスマホを忘れずに!

現地での使い方はとっても簡単!

現地では、まず公園入口ゲートに入る前にチケットを
スマホ画面に表示させ、ゲート内側にいる
係員の方に画面を見せると、読み取り機を
かざして電子スタンプを押してくれます

電子スタンプ、ちょっとテンション
上がります。

レインボープールのチケットには、
昭和記念公園の入園料(大人450円)も
含まれている
ため、公園入口でこちらの
チケットの提示が必要
なんですね。

画面はそのままにしておいて
プールの入口まで行き、電子スタンプの
画面を、今度はレインボープール入口の
係員の方に見せる
と入れる、という感じでした。

初めてだと少しオロオロしそうですが、
やってみると、とっても簡単!

ぜひ電子チケットにも
チャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク


現地に用意されていた無料サービス!

レインボープールにはいくつか
「おー便利~♪助かる~」と感心した、
無料のサービスがありました。

サービス内容としては珍しくはないですが、
レインボープールはこれら全てが無料
でしたよ~!

浮き輪の空気入れ

エアーコンプレッサーでの空気入れ。
こちら無料です。

こちらの写真は、私が見かけたうち、最も列が
短かったときのものです。

このように、平日のどの時間でも、そこそこの列が
できていた
ので、自分で膨らませそうなものは、
フーっと自分でやっちゃうのが時短ではあります。

温水シャワー

温水シャワーは更衣室内と、と、
両方にありました。

しかも、無料です!
(そろそろしつこい・・・・!?笑)

着替える前だけでなく、「ちょっと冷えた」
なんていうときにも、気軽に浴びることが
できるのでいいですよね!

帰る支度をしていた16:00過ぎだったら
更衣室のシャワーが混雑していることは
なかった
です。

脱水機

今はすっかり見かけることがなくなった
二層式洗濯機。こちらで水着などの
脱水ができます。

脱水は1分以内で、というお願いこそありますが、
帰りに水を含んだ水着を少しでも軽くするのに
とても助かりますよね。
そんなサービスに関心します。

こちらは使用までに3,4名並んで
いましたが、自分が身支度をしている
間に子供達に頼んでラクラクでした。

ドライヤー

風は弱~いので、乾かすまでに時間は
かかりますが、全部で10台くらいは
設置されていたと思います。

貴重品ボックス

更衣室からプールに向かう出口のところに
設置されている貴重品ボックス。

コインが戻ってくるタイプですので、
利用は実質無料です。

ボックスの数があまりない割には、
空きもありました。

グループで1つのボックスを
共有
するなどの気づかいをしている方が
多いのかもしれません。

大切なものはレジャーや旅行には
持ってこないのが基本ですが、
貴重品はこちらに入れて、
安心してプールを楽しみましょう。

いかがですか?

レインボープール、なかなか
サービスが良いんじゃないでしょうか!

みなさんも、これらの無料サービスを
うまく利用しながら、自分に必要な道具を
吟味してお出かけくださいね~。

レインボープールに行くときのオススメの持ち物!

今回実際に持っていって良かった!
思ったものをピックアップしてご紹介します。

尚、こちらに書いてはいませんが、
水着、タオル、着替え、チケット
お忘れなく~!笑

浮き輪

小学校低学年くらいまでのお子さん
でしたら、浮き輪はマストです。

幼稚園児でも、浮き輪があれば
たっぷり遊べます!

うちの場合は、持参した紐つきの小さくて
シンプルな浮き輪
が大活躍でした!

大人も浮き輪があると流れるプールで
プカプカと優雅に休憩できるので、いいですよ!

尚、現地の売店で購入することも可能です。

プールの入り口の目の前に、売店があります。

レインボープールは再入場OKなので、
気軽に売店が利用できるのも嬉しいですね。

浮き輪はレンタルもあります(平日500円)。

おうちから電車で持参するのが重くて大変、
という方は、大きな浮き輪だけ現地でレンタルする
のもアリですね。

ちなみに、浮き輪も飾り(動物の頭のようなもの)が
付いているものは、波のプールでは使えない、など
細かいルールがありました。

全ては安全のためです。

どこでなら使っていいか、場内の監視員の方に
確認してください。

混雑していない流れるプールでは、
ビーチボール大きなフロートが使えたっぽいですが、
大きくて邪魔なのか、プールサイドに投げ捨てるように
置いてあるものが多かったです。

あまり大きなものは持っていっても
使わないかもしれません。
空気を入れるのも大変ですし、
そのあたりは良くご検討を。

ゴーグル

レインボープールの水は、塩素臭いことは全く
ありませんでしたが、感染症予防のためにも、
ゴーグルを持っている人は持参すると良いと思います。

売店にも売っていました。

コイン&携帯用防水ケース

今回、現地でこれを買いました。

子どもが「お腹すいた!」って言っても
すぐに対応できるよう、お昼ご飯代など
必要なだけのお金をこれに入れて、
首から下げたまま泳ぎました。
(斜め掛けが安全かな?)

基本、濡れません!

でもお金を出し入れしているうちに、
中に水滴が入ってしまったので、
お札の端っこが濡れてしまいました。

小さいジップロックにお金を入れてから、
こちらに入れたら大丈夫でした!

さすがにスマホを入れて泳ぐのは、
水没だけでなくぶつけるのが嫌だったので、
チャレンジしていません。

レジャーシート、簡易テント

簡易テントは1辺が2m以内のドーム型のものに限る
という制限がありますが、持ち込み可能です。

今回で感じたのは、同じグループのメンバーが
全員プールに入っていて、主に用途は荷物置き場で、
時々休憩で使う程度、ということであれば、
テントはなくてもレジャーシートがあれば十分でした。

気温34℃くらいでしたが曇りの時間もあった
せいもあって、そう感じたのかもしれませんが、
午後から風が強くなり、誰もいないテントは、
曲がっていたり、つぶれたりしていました。

ただし、長い時間プールサイドで待機している人
いるのであれば、テントの日陰は必須ですから、
簡易テントはマストです。

レジャーシートは大きいものを1枚よりは、
小さいものを数枚持っていくのがオススメです。

お昼やオヤツで水着のまま座るので、
濡れたくない荷物用、濡れているもの用、
座る用、と分けないと、帰りの荷物まで
ビショビショになりますので。

ただし、不必要に多くのスペースを
確保するのはやめましょう
ね。

サンダル

ビーチサンダルが一番便利ですが、
うちは子どもは家からウォーターシューズを履いて
電車に乗りました。

天気にもよりますが、日差しでプールサイドが
猛烈に熱くなります
ので、サンダルもマストです。

売店でも売っていますが、100均ので十分です。

水分

オススメというより、近年ではもう常識。
こちらもマスト!ですね。

レインボープールでは、1時間に1回、10分ほどの
休憩時間
が設けられています(スライダー以外)。

笛がなったら強制的に全員がプールから上がり
監視員さんがプールの中で異常がないかチェックします。

この時間、ぼーっと待っていると長いのですが、
ぜひとも水分補給の時間にしましょう。

私たちがいった日は、10:30、11:30、12:30・・・と
なっていましたので、時計を見ながら「そろそろ休憩だな」
ということを考えて行動するようにすると、
無駄がなくていいかもしれません。

子どもには特に、水筒を持参しましょう。
もちろんペットボトルでもいいですが、
その場合は保冷バッグがあるといいかもしれません。

その他

日焼け止め(油性のものはNG)、帽子、
サングラス、ビニール袋、化粧水、
化粧品、ミニタオル、ウエットティッシュ

このあたりは持っていった方が
いいかもしれませんね。

プールに入らない人は、日傘、うちわなど涼むグッズが
あるといいですね。

私は帰りはバタバタしていたので、
サングラス+帽子でノーメークで帰りました。笑

まとめ

暑すぎて熱中症の危険によってプールも
禁止となる昨今ですが、やっぱりレジャープールは
最高ですよね!

事前に持ち物だけでなく、現地のサービスや
割引つきのチケット購入などを良く検討して、
賢く楽しみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

レインボープール混雑状況(平日)や場所取りを現地調査!売店や駐車場はどこ?

2018.08.13

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です