馬込川水位ライブカメラ一覧!河川氾濫の可能性や最新被害情報!

テレビではお住いの地域の大雨情報や河川の情報を得ることはなかなか難しいです。

しかし、川の近くにお住いの方にとっては、河川の氾濫の可能性や避難情報、また現在の被害状況についてなどの情報が大至急必要かと思い、まとめています。

本記事は、静岡県にある馬込川(まごめがわ)についての情報になります。

お近くの方のお役に立てれば幸いです。

なお、この記事は2020年06月02日を最新とし、その後の情報は順次更新していく予定です。

馬込川の水位ライブカメラはこちらから!

各所が公表しているライブカメラのリンク一覧になります。

各項目をクリックすることで、各サイトにジャンプします。

浜松市土木防災情報システム(馬込大橋)

浜松市土木防災情報システム(松木橋)

浜松市土木防災情報システム(白竜橋)

大雨のときは、かなり水位が増えていることが確認できます。

馬込川は天竜川の浜名用水が水源です。途中、御陣屋川や染地川、新川、高塚川、芳川などの支流と合流しながら、静岡県浜松市内を流れ、遠州灘に注ぎます。

河川氾濫の可能性はある?

tire splashing in water. 出典:123rf

現在の水位の状況を確認するには、こちらをご利用ください。

馬込川の水位情報(ヤフー天気・災害)

浜松市土木防災情報システム(水位計リスト)

これらのサイト(↑)から現在の河川の水位を見ることで、実際に氾濫する危険性があるのかどうか、あるいはすでに危険な水位となっているのか、避難が必要なのかどうかをチェックできます。

現在、まだ氾濫注意水位などにはなっていませんが、大雨のときは水位が全ての観測ポイントで上昇中する可能性があります。

古代より氾濫を繰り返してきたので、今後も発生する可能性はあります。

引き続き注意して、最新情報に収集につとめてください。

氾濫注意水位とは?

この場合は、河川が今後氾濫する可能性が示唆されているということです。

実際の避難まではしなくて大丈夫そうですが、引き続き、最新情報を必ずこまめにチェックするようにしましょう!

避難判断水位とは?

この場合には、そう遠くない将来に河川が氾濫する危険性がある、という状態です。

すぐに最新の全国の避難情報を確認して、ご自身の地域が避難準備や勧告が出ていないかチェックしてください。

そしていつ避難の指示が出ても動けるように備えておくことが大切です。

氾濫危険水位とは?

この場合には、もう河川がいつ氾濫してもおかしくはないとても危険な状態になっています。

川の近くにお住いの方は確実に、川から距離のある地域への移動を強くお勧めします。

川がどうなっているか見に行ってはダメです!

非常に危険な状態ですので、川とは逆方向に移動し、引き続きインターネットなどでの最新情報の確保につとめてください!

7月22日0時現在、馬込川は、松江近辺で「氾濫危険水位」、新橋付近で「氾濫注意水位」となっていますので、引き続き身の安全を確保できるように十分に警戒してください。

最新の被害状況は?

現在の段階で、馬込川が氾濫したという情報はありません。

水位を見ても、まだ氾濫までは少しゆとりがありますので、今は様子見、といった状況になるかと思います。

しかし、他の川でも今回の台風では2時間もあれば様子が激変しています。

2019年7月も台風の影響で増水しました。

台風の接近に伴って、今すぐにでも行動を起こせるように、ハザードマップと合わせて、緊急避難場所もチェックしておきましょう!

ハザードマップ(浜松市防災マップ・津波浸水深マップ)

過去のツイッター情報まとめ

気象情報をチェックして、すみやかに非難しましょう。

かなり濁流となっています。

情報は常に集めておきましょう。

すみやかに行動できるように準備しておきましょう。

通常の河川の様子

普段は散歩するのに絶好の場所です。

秋の紅葉も美しいです。

早朝のサイクリングも清々しいです。

台風や大雨の際は、河川に近づかないようにしましょう。

お住まいの地域に、本流以外にも、どのような支流があるかも確認しておきましょう。

普段から、ニュースや気象情報、ハザードマップなどを確認して、いつでも迅速に行動できるように準備しておきましょう。

関連記事

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です