古谷田奈月の年収や経歴が凄い!?出身大学・高校の学歴や結婚も調査!

本

三島由紀夫賞芥川龍之介賞に名を連ね話題になっている作家・小谷田奈月さん

数々の賞を受賞している作家さんですが、その素顔はどんな方なんでしょうか。

出身高校・大学はどういう生活だったのか、はたまた結婚など今の生活はどうなのか、いろいろと気になったので、調べてみました。

また、賞を受賞したことで年収にも変化があったはず。

今日は作品とはまた違った小谷田奈月さんのご自身のことについて、ご紹介したいと思います!


小谷田奈月プロフィール

古谷田 奈月(こやた なつき)

生年月日: 1981年

年齢: 36~37歳 (2018年6月現在)

出身:千葉県我孫子市

活動期間:2013年~

 

詳しい生年月日は公表されていないようで不明ですが、2020年に39歳になる年齢のようです。

学歴

教室

引用:Pixabay

次に、小谷田奈月さんの出身高校と、出身大学について調べてみました。

出身高校はどこ?

小谷田奈月さんの出身高校は、「日本放送協会学園高等学校現:NHK学園高等学校)」という情報があります。

NHK学園高等学校では、不登校などで学校にいけない子が高校卒業資格を取得するための通信制高校です。

実は、小谷田奈月さんはインタビューで「中学2年生のときから不登校だった」と答えています。

中学生活に不満があったわけではないようですが、15歳までにビッグにならないと人生終わっちゃう、というような考えがあったようで、そんな焦りと学校や受験の意味を考え込んでしまい、それが不登校へつながったようですね。

確かに、誰もが一度は「何のために勉強するんだ!?」と青春時代に考えた(あるいは悩んだ)ことがありますよね。

ただ、15歳までに結論を出さねば、というような考え方は面白いなぁと思います。

過去にどこかでそんなフレーズを耳にしたのかもしれませんが、それが頭から離れない、というような真面目自分の世界をしっかりと持った子供時代だったのかもしれませんね。

そう考えると、すでに作家として成功するだけの特徴がここにも表れているように思えます。

そして小谷田奈月さんの場合は、その不登校だった当時から、”書くこと”は好きだったそうです。

学校に行かなくても、ちゃんと自分の好き!までは見失わなかったのですね。

出身大学は?

出身大学は公表されており、「二松学舎大学 文学部 国文学科」を卒業されています。

同じ大学を卒業している有名人には、石田ひかりさん(女優)がいましたが、他にも数多くの作家・小説家・脚本家がいるみたいですね。

それもそのはず、二松学舎大学には2学部あり、その一つが文学部でした。

小谷田奈月さんも書くことが好きだったこともあって、作家を意識して大学を選択したのかもしれませんね。

大学も公式に小谷田奈月さんの活躍を応援しているようですね~。

ねこ松!

なんでネコが出てきているのかは不明です。笑

 

小谷田奈月の経歴(作品)

小谷田菜月さんが作家になったのは31歳のとき。デビュー作は2013年の「星の民のクリスマス」でした。

以下、主な作品を時系列でまとめてみます。

2013年『星の民のクリスマス』(「今年の贈り物」から改題)
【第25回 日本ファンタジーノベル大賞受賞】

2014年『ジュンのための6つの小曲』

2016年『リリース』【第34回織田作之助賞受賞】

2017年『望むのは』

2018年『無限の玄』【第31回三島由紀夫賞受賞】

2018年『風下の朱』【第159回芥川龍之介賞ノミネート】

 

2018年は三島賞を受賞するなど、大きな賞もとり、世間一般にも広く小谷田奈月さんのお名前が認知されています

更には、2018年6月、芥川賞候補に初ノミネートされています。

そんな順風満帆に見える小谷田奈月さんですが、大学卒業後は、なんと、派遣社員として働いたり、アルバイトをしながら、執筆活動をしていたのだそうです。

今現在もアルバイトをしているかは不明ですが、少なくともデビューする31歳までは2足か3足のワラジだったみたいですね。

いずれは大きな賞を受賞するような作家さんでも派遣やアルバイトをして、生計を立てながら、地道な作家活動を続けてきているのですね。

本当に”書くこと”が大好きでないと作家さんは続けられないと思いました。


結婚しているの?

結婚指輪

引用:Pixabay

現在37歳の小谷田奈月さん。

ご結婚はしているのかな、と調べてみましたが、結婚しているとの情報はありませんでした

ただ、作家さんですからプライベートな情報がないだけで、ご家族がいらっしゃるのかもしれないですが、
経歴を見てわかるように、デビュー後は毎年作品を発表されています。

作家さんのお仕事事情としては、年に少なくとも1冊、できれば数冊出さないと読者にも忘れられてしまうなんて言われているようですので、小谷田奈月さんのペースは作家さんの中では普通か、少し遅いくらいみたいですね。

厳しい・・・・・厳しい世界ですね。

ですので、賞をもらえるほど内容が素晴らしく、とても濃いものであると考えると、プライベート的なことは後回しでパートナーがいても、結婚まではまだ頭が回っていないのかもしれませんね。

小谷田奈月さんはこれからどんどん有名になるにつれメディアへの出演や講演会などの依頼が入ってますますお仕事にかける時間が増えそうですね。

年収はどのくらい?

お財布

引用:Pixabay

いきなり下世話な話で恐縮ですが(笑)、気になる方もいらっしゃることと思いますので、調べてみました。(いや、私が一番気になってるだけかもしれませんけども)

まず、小谷田奈月さんの年収は、公表されておりません(当たり前!笑)

一般的な作家さんの場合、平均年収は200~400万円あたりになるようですね。

・・・思ったより少なくてビックリです。

メディア出演もあれば収入は増えますが、純粋に作家としての収入だけだと生活が厳しい場合が多く、アルバイトで生活を繋ぐなんていうケースも珍しくはないのでしょうね。

ただ、小谷田奈月さんは過去にいくつか賞を受賞されていてかなりメジャーになりつつあるので、一般的な平均よりは年収は多いんだと思います。

ちなみに三島賞の賞金は100万円だそうです。

そして、芥川賞などの有名な賞を受賞すると、年収が、なんと!10倍にも膨れ上がるそう!

受賞作品はもちろん、過去の作品までもマスコミの宣伝効果もあって売れますし、更にはコメンテーターなど多方面からの出演や講演依頼が来たりと、雪だるま式に収入は増えるようです。

そう考えると、小谷田奈月さんは、2018年で大きく収入を増やしている可能性が高いのではないかと思います。

2018年6月現在、芥川賞の発表はまだですが、この結果によっては、年収が数千万円~億クラスになる可能性があると予測しています。

ちなみに、東野圭吾さんや宮部みゆきさんなどトップクラスの作家さんの年収は、

数億円

だそうです。

でもこれはほんの一握りの方のみのお話。作家として完全に勝ち組ですね。

これでも日本は平均的に低いようで、世界のトップレベルになると、年収は

20億円以上!なのだそうです。

すっごいですね。夢があります。

ただ、作家さんが大変なのは、一度賞を受賞したりして忙しくなっても作家としての執筆活動を休むことはできないというところではないでしょうか。

小谷田奈月さんも、今後はメディアのお仕事もしつつも、次々と素晴らしい作品を生み出していっていただきたいですね。

最後に、小谷田奈月さんが大学の後輩にあてたメッセージをご紹介したいと思います。一生懸命やってきたからこそのメッセージ、心に響きます。

続けること、それも「負け続ける」というのは、つらいことです。しかし論理的に言って、戦い続ける限りは勝算も勝機もなくなりません。これは非常にシンプルな事実です。
大学在学中も、卒業してからの約十年間も、書くことだけは決してやめずに続けてきました。受賞という結果より、それこそが私の誇りです。
これからも続けていこうと思います。

本棚

島本理生は夫佐藤友哉(作家)と結婚→離婚→再婚!子供や年収を調査!

2018年6月19日
本

北条裕子(作家)のプロフや学歴、経歴!年収や可愛い元モデル説を調査!

2018年6月19日

古谷田奈月の年収や経歴が凄い!?出身大学・高校の学歴や結婚も調査!まとめ

ここ最近、様々な賞を受賞し、今、注目度が挙がっている作家・小谷田奈月さん。

決してこの輝かしい功績はまぐれや運ではなく、ご本人の地道で情熱的な思いが重なってうまれたものであることが分かりました。

最近ではスマホの普及で、本を読む機会が減りましたが一度読み始めると、毎日読みたくなるのが小説の魅力ですよね。

今度の週末は本屋さんに行こうと思います!

アナウンサーや芸能、スポーツ、ニュース、美容法など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です