この記事には広告やプロモーションが含まれています。

平田雄也の静岡出演番組と松坂桃李と似てる説が話題!?演技力や性格は?

今日は、ウルトラマンR/B(ルーブ)主演の俳優、平田雄也さんについて、気になったことを調べていきたいと思います。高身長でイケメンです。なんでも、スポーツ全般が得意で筋肉もムキムキなんだとか。それもそのはず。スポーツ強豪校で長年あのスポーツをやっていたそうなのです。性格や演技も外見と同様にイケメンなのでしょうか。また、静岡で大人気、という噂がありますが、その真相はどのようなものでしょうか。松坂桃李さんと似ている説についても、検証していきます。

プロフィール

雪が降った朝の横浜郊外の街と街路樹。 出典:123rf
  • 名前:平田 雄也(ひらた ゆうや)
  • 生年月日:1993年6月20日
  • 干支:酉年
  • 星座:双子座
  • 出身:神奈川県横浜市
  • 身長:182cm
  • 所属事務所:サンミュージックブレーン

初めての俳優業は、大学生2年生の2014年1月。舞台「WILD HALF 〜奇跡の確率〜」に出演し、初舞台だったのにも関わらず、主役を演じました。その後は「ZIP!」「まるごと」のロケコーナーを担当。映画は、「ホーンテッド・キャンパス」「人狼ゲーム ラヴァーズ」に出演しています。そして2018年7月から放送の「ウルトラマンR/B(ルーブ)」にて主演が決定!1年間、平田雄也さんはウルトラマンとして活躍します。

中学と高校は、横浜にある「桐蔭学園中学校・高等学校」を卒業しています。こちらは神奈川県でも有数の進学校ですが、スポーツの強豪校としても有名で、野球の高橋由伸監督もこちらのご出身です。また、マスコミ関係や俳優さんも多数卒業していて、織田裕二さんや水嶋ヒロさん、医者の西川史子さんから、芸人の椿鬼奴さん、漫画家のやくみつるさんなどと、様々なジャンルで活躍する著名人の方をたくさん輩出している学校です。平田雄也さんは小学校1年生から大学生まで野球をしていて、高校からは軟式野球に転向したみたいですが、ずっと部活で野球をやっていたそうです。桐蔭でも野球をやっていたのですね~。どうりで野球が得意なわけです!とにかく運動神経抜群です。ウルトラマンのようなアクション系の動きもできる俳優さんとしてこれからも活躍が期待されています!

ミスター中央大学!

Japan. Highway near Tokyo. Overnight in a Japanese city. Colorful trees along the edges of the road. Evening suburb of Tokyo. Empty road illuminated by lights. Regions of Japan. City landscape. 出典:123rf

2012年、中央大学文学部人文社会学科に入学した平田雄也さん。大学2年生のときに、中央大学が行う「ミスター中央大学」に出場し、見事にグランプリを獲得しています。

他のイケメンを押しのけての優勝、凄いですね~!

静岡の出演番組で話題?

Wind farm from the Ushio Bridge at the mouth of the Kikugawa River along the Enshu Nada (Kakegawa City, Shizuoka Prefecture). 出典:123rf

2017年4月から、静岡第一テレビで夕方放送される情報番組「まるごと」の月曜コーナー「トキメキハニー」で、レギュラー担当している平田雄也さん。

こちらでは「平田キュン」と呼ばれていて、「ながみん」こと、静岡アナの永見佳織アナと注目スポットを訪ねています。

この番組コーナーは仮想デート風ですし、そんなこんなで恋の予感?な~んて思いましたが。実際は、静岡屈指のバラエティアナで年上の永見佳織アナが、年下イケメン平田雄也さんにときめく!という関係のようですので、ここに恋はないな~というのが大半の見方のようです。とはいえ、今後もなにもないとも言えませんのでお二人にも密かに注目していきたいと思います。静岡の女性がキュンキュンしている声を集めてみました。

安定した人気ですね。

みなさん待ち望んでいます。

すごい人気!

松坂桃李と似ている?

平田雄也さんは、人気俳優の松坂桃李さんに似ている、という声があるようです。写真で実際に見てみたいと思います。

写真の角度によっては似ています。

おー!結構にていますね!角度によっては見分けがつかないくらい、似ています。ほくろの場所も反対、というのも面白いですね!それと、2017年にジャニーズを退所した髙橋颯さんにも似ている、という声もありました。

こちらでは、髙橋颯さんと松坂桃李さんも似ている、とのことでしたので、やっぱりこのお三方は似ているのだと思います。個人的には高橋颯さんと平田雄也さんは世代が違うため、印象としては松坂桃李さんと平田雄也さんほどは似ていないかなと思いました。

野村周平さんと松坂桃李さんはさすがにどちらも有名な方なので見分けがつく方が多いのではないでしょうか。というわけで、平田雄也さんと最も似ているのは松坂桃李さん、ということになりそうですね!

どんな性格?

スポーツ強豪校で野球をやっていた平田雄也さん。中学の野球部は部員100名ほどいたそうで、仲良しではあるものの、やはり競争は激しかったそうです。みんな試合に出たいですしね。その部活を通して、メンタル面が鍛えられたと話していました。笑顔も素敵で典型的なスポーツマン、という爽やかさがあるのは、厳しい環境でも頑張ってやり続けてきたからこそ自然に身に付いたのかもしれませんね。

また、ファンの方々や周囲の方への心配りもとても細やか。スタッフの方からも愛されているようですね。インタビュー動画を見ていても、すごく落ち着いていて、正直で紳士的です。実直な性格とも言えます。平田雄也さんがイケメンなのは外見だけでなく、内面もイケメンなんですね!これからメディアに露出することで、たくさんのファンができそうです。

演技力はどうなの?

まだまだドラマや映画出演の数も少ない平田雄也さんですが、2018年7月から放送が始まるウルトラマンシリーズでは、運動能力の高さや、爽やかさが存分に見られるようです。

こちらの動画を見る限り、演技もバッチリですね。やはり、舞台でかなり勉強してきたのではないでしょうか。これからは子どもたちのヒーローとしてファン層を広げ、活躍していってほしいと思います!

まとめ

高身長でイケメンの平田雄也さん。東京ではまだまだメディア露出が少ないものの、静岡では平田キュンで大人気、ということが分かりました。また、ミスター中大の名にふさわしく、外見だけでなく、内面もイケメンでしたね!子どもたちのヒーローとして、またその母たちのハートをつかむこと間違いなしです。今後もテレビで活躍する姿がたくさん見られると思います。今後の活躍からも目が離せませんね。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

関連記事

  • 同じ職場の元彼と復縁をするための4つのコツ!やってはいけないことも実体験を踏まえて解説 「元彼と同じ職場だと冷却期間を置くことができない。再び付き合うことは難しいのかな?」元彼と同じ職場だと、そのために必要とされている冷却期間を置くことができないですよね。冷却期間がないと復縁は難しいと思いがちですが、そうではありません。実際に、同じ職場の元彼と再び付き合うことが出来た方はいます。このページでは、同じ職場の彼と復縁経験があるAさんに「復縁のコツや注意点」を体験談 […]
  • 押田岳の出身中学や演技力を調査!髪型・私服画像や性格もイケメン!? 今日は、2018年9月から仮面ライダー新シリーズ「仮面ライダージオウ」に出演する、ジュノンボーイの押田岳さんについて気になることを調べてみたいと思います。ジュノンボーイで仮面ライダーって、王道ですが、まだまだ俳優としての経験は少ない押田岳さんですから、どんな演技を見せてくれるのか、アクションは大丈夫なのか、どんな性格の人なのか、気になったので調べてみたいと思います。また、中 […]
  • レインボープール混雑状況(平日)や場所取りを現地調査!売店や駐車場はどこ? 今年は梅雨が長いのか、気温も低くて、あまり夏らしい気候ではないですね〜。 それでも、夏休みに入る頃には、きっと暑くなるはず! そして、海やプールに行きたい!と思うはず!(そうであって欲しい!笑) そして毎年、大きなプールに行ってみたい!と思っても、「結局は大混雑で疲れるのでは?」と思ったり「子ども複数人を一人で連れて行くのは大変そう」、などの理由があって、 […]
  • 腕時計の電池交換はホームセンターでもできます。製造元や専門店にも出せます 携帯やスマホの普及で腕時計をしない人も増えたという話はありますが、まだまだ、それはファッションアイテムとしても活躍しています。たまにしか使わないと電池が切れていることもありますよね。 おはようございます😊普段はつなぎで仕事なんですが…たまにスーツと時がありますっで、いつもスマホで時計見てるくせに腕時計をするんですけど…電池切れに気づかないくらい放置して […]
  • 桜文鳥ポンポン・ナオナオの寿命。心の中で生き続け、今でも人生の支えになっている 約10年間、我が家に2羽のオスの桜文鳥がいました。家族として家に向かい入れた時は、まだ生まれて間もない赤ちゃんでした。人間より寿命が短いので先に逝ってしまいましたが、その間に家族に幸せをもたらし、いろいろなことを教えてくれました。このエッセーは、文鳥が人間と意思の疎通ができるよき伴侶であることを思い出して記録するものです。 家に来た日 Nature […]