このクッキーは生焼け?その判断基準!焼き時間や混ぜ方の判断ポイントは?

せっかく作ったクッキーが生焼けだなんて残念過ぎます。しかも、それが想いを込めたプレゼントの予定なら、なおさら! クッキーが生焼けかどうかの判断は?どうしたら生焼けにならず、サクサクのクッキーが焼けるの? クッキー作りでの生焼けの見分け方、失敗しないコツなどをご紹介します。美味しいクッキーを作ってくださいね!

このクッキー、もしかして生焼け?その判断は食べればわかる!

クッキーにもサクサクしたもの、しっとりしたものなど種類があります。サクサククッキーを作ったはずなのに食べてみるとサクサクではない・・・。ということもあるのではないでしょうか?このようなときは、まだ中心部まで焼けていなくて、生であるかもしれません。もちろん、もともとしっとりクッキーを作る予定であれば問題はないでしょう。材料や作る過程によっては、しっとりクッキーの場合もあるので生かどうかの判断は食感の他に、生の生地の味がするようなときには焼けていないと言えるでしょう。あまり、生の生地の味というのはどんなものかわかりにくいです。

今度、クッキーを作るときにはぜひ焼く前の生の生地をそのまま食べてみてください。生の生地を味見をするときはほんの少しにしてください。大量に食べるとお腹を壊します。わかりやすいのが、焼く前のホットケーキの生地の感覚です。焼く前のホットケーキの生地を指につけてなめてみてください。粉っぽさがあり、砂糖や卵が混ざりきっていない感じがします。

生焼けクッキーは腹痛を起こすかも!焼けているかの判断基準

生のまま、クッキーを食べるとどうなるのでしょうか?もちろん個人差はあるかと思いますが、生焼けの小麦粉はとても消化されにくいものとなります。腸で吸収されなかったり、でんぷんの粒子が腸壁を刺激してしまい腹痛を起こしたりお腹を下してしまったりするでしょう。これは、小麦粉に限ったことではありませんよね。

では、どうして火を通すと大丈夫なのでしょうか?その答えはでんぷんの性質が変わるからです。小麦粉は水を加え、加熱することで人の体が消化しやすいαでんぷんになります。しかし、火が通っていない状態だとβでんぷんとなり消化されにくいものとなってしまうのです。クッキーに火が通っているかどうかは、一枚食べてみるのが一番です。見た目で生かな?と思うものはそれはもう生でしょう。

しかし、クッキーの中心部が生かどうかは割ってみないと、食べてみないとわかりにくいのです。表面はこんがり焼けているものも、中に火が通っていない場合があります。このようなときには、温度を下げたりアルミホイルをして表面が焦げないようにしてもう一度焼き直しをするといいでしょう。

焼き時間や混ぜ方の判断ポイント

クッキーが生焼けとなってしまう原因にはどんなものがあるのでしょうか?レシピ通りに作っていてもなんだか焼きが甘いときってありますよね。クッキーが生焼けになる原因には、「混ぜすぎている」可能性があります。

確かに、レシピによく混ぜると書いてあればその通りに混ぜてしまうでしょう。さっくり混ぜるというのも粉が混ざっていなければ、粉っぽさがなくなるまでは混ぜてしまうかもしれません。混ぜ方のポイントは、切るようにまぜるです。底から救い上げて落とすというのを繰り返しするといいです。生地を冷やして休ませるクッキーであれば、そこまで丁寧に混ぜる必要はありません。粉とバターを混ぜて、生地がひとまとまりにならなくともラップにくるんで休ませているうちにほどよく粉とバター、砂糖がなじみます。他にクッキーが生焼けとなってしまう原因には「焼くときの調節」が大きく関係しています。レシピ通りの焼き時間を守っていなかったり、オーブンを温め切っていないなども原因となります。焼き具合が気になり、何度もオーブンを開けることも温度を下げる原因となり結果、生焼けとなってしまうことがあります。

手作りクッキーがヘンに柔らかい。生焼け?それとも別の原因?

クッキーの焼き上がりがいまいちというときには、オーブンの温度が上がりきっていないことが考えられます。オーブンの機能によっても違ってきますがオーブン内の温度が180℃と書いてあればその通りにしましょう。オーブンの予熱は、焼く温度にプラス20℃にするといいです。クッキーを焼くのに最適な温度は約180℃と言われていますが、クッキーの厚さによっても変わってきます。

クッキーを焼いて、オーブンの温度もきちんと設定しているのに中が生っぽいというときには厚さを薄くして作ってみてください。また、クッキーのレシピでそもそもバターや牛乳の量が多いものはサクサクというよりはしっとり仕上がります。お菓子をつくるときにはとくにレシピ通りの分量で作ることが大切です。目分量であったり、多く入れたほうが美味しくなるかもと加えたり減らしたりするのは控えましょう。サクサクのクッキーを作りたいのであれば、混ぜ方もポイントとお話しましたがそのときに役立つのがゴムベラです。切るように混ぜましょう。ケーキのスポンジや生クリームを泡立てるときには、電動ミキサーを使いますがクッキー作りのときにはゴムベラで混ぜましょう。

知っていると差が出るクッキーやケーキ作りのポイントは?

クッキーがサクサクに仕上がらない、生焼けっぽいのは混ぜ方、オーブンの温度などがポイントでしたが他にはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?

クッキーの他にもパイやタルト、パウンドケーキなどは、練り混ぜたバターに卵を混ぜるようなお菓子作りはたくさんあります。バターに卵を入れる時、卵が分離してしまうのを防ぐには卵は少しずつ、数回に分けて入れるといいでしょう。バターと分離しないようにするためには卵は常温に戻しておくことが大切です。バターの入った生地は、素早さが勝負です。とくに暑い季節はすぐにバターが溶けてふにゃふにゃになってしまうので気をつけましょう。生地は伸ばすとさらに柔らかくなりやすくなります。生地の温度がぬるくなると、破れたり、クッキーの型で抜けない原因となります。そのときは、もう一度冷蔵庫に戻して冷やしましょう。

関連記事

  • 日本のラーメンに対する海外の人の反応は?これは和食? 海外からの観光客にとって人気の和食グルメはいろいろあります。日本ならではのお寿司に天ぷら、すき焼きなどがありますが、「ラーメン」もその一つです。 […]
  • カレーとラーメン、食べたらどちらのほうが太る?高カロリーなのは?塩分にも気をつけよう カレーもラーメンも美味しいけど高カロリーです。どちらが太るか気になりませんか?カロリーが高いのはどちら?これらを食べる時に気をつける点などをご紹介いたします。また高カロリーだと言われているカレーを食べるダイエット方法もあるんですよ。ラーメンより高カロリーなつけ麺についても調べてみました! カレーとラーメン、どちらのほうが食べたら太る?まずはラーメンのカロリーか […]
  • タサン志麻(伝説の家政婦)の作り置きやお弁当のレシピ本は?予約方法も! 今日は伝説の家政婦としてメディアにもしばしば取り上げられているタサン志麻さんについて気になることを調べてみたいと思います。 まずは志麻さんがどんな経歴の方なのか、学歴や職歴、家族のことを中心としたプロフィールを調べて、簡単にご紹介したいと思います。 また、大人気のレシピ本として、作り置きやお弁当のレシピはあるのか、探してみました。 さらに志麻さんが過去に利 […]
  • チーズを寝る前に食べると太る?お腹が空きすぎてつらい時はカッテージチーズをちょっとだけ チーズには色々な種類があって、それをサンドイッチにしてみたり、お酒のおつまみにすることも好きな方も多いです。そんなチーズですが、寝る前に食べると太るんじゃないかと思われがちですよね。しかし、チーズは腹持ちも良いなど、ダイエットにも最適で意外な効果があったのです! […]
  • 山本里奈のwikiプロフや学歴!実家の焼肉屋はどこでどんなお店?兄の経歴もスゴイ TBSに所属する山本里奈(ヤマモトリナ)アナウンサーはサンジャポ(サンデージャポン)のアシスタントとしても活躍中で、 おなじみの可愛いアナウンサーですよね。 今回は彼女の、愛くるしく可愛いところにフォーカスして、 詳しいウィキプロフィールとともに、実家が焼肉屋を経営してるということで実家の焼肉屋について! そして実のお兄さんも気になったので調べてみる […]

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です