徳永克彦のカメラ(撮影機材)や写真作品が凄い!年収や家族が気になる!

ブルーインパルス

こんにちは!Sakuraです。

今日は、戦闘機カメラマン徳永克彦さんについて
気になることを調べてみました。

なんでも徳永克彦さんは世界に3人しかいない
貴重な経歴と経験を持つプロカメラマンで、
世界中で活躍しているのだそうです。

そんな徳永克彦さんが使用している
カメラ撮影機材はどんなものなのでしょうか。

また、世界を飛び回る徳永克彦さんのご家族や、
気になる年収についても調べてみました。

素晴らしい作品の数々もご紹介しますよ~。

スポンサーリンク


徳永克彦プロフィール

徳永 克彦(とくなが かつひこ)

生年月日: 1957年1月13日

年齢: 61歳 (2018年7月現在)

出身: 東京都

 

徳永克彦さんは、国の軍隊が所有する戦闘機の後席に乗り
空対空」で間近から戦闘機の写真を撮影する、
世界でも数少ない航空(戦闘機)カメラマンです。

徳永克彦さんは子供のころからいろいろな飛行機を
見るのが好きだったそうで、お父さんのカメラで
ブルーインパルスなどの写真を撮ったことも
あったのだそうです。

高校生くらいのときから航空専門誌に珍しい機体の写真を
投稿
して採用されるようになり、大学の頃には
仕事の機会も得て、航空専門誌などの作品を発表していました。

徳永克彦さんが初めて戦闘機に乗ったのは、1978年。
徳永克彦さん21歳のとき、フロリダ州にて
アメリカ空軍のT-33Aジェット練習機に乗ったのだそうです。

それ以降は、主に欧米やアジアなど45か国の
空海軍で戦闘機を撮影

はじめは主に雑誌での仕事が中心だったそう。

現在では、軍用機や民間機のメーカーが使用する
広告宣伝用の写真や、各国の空軍の活動を紹介する
ための写真撮影
が主な活動となっていて、この40年近くで
搭乗時間は2000時間に迫っているそう。

また、写真集も40冊近く出しており、アメリカ、
イギリス、フランス、イタリアなど世界各国で
数多く刊行されているそうです。

航空カメラマンといっても、多くは飛行機の
離着陸の姿など地上で撮影することが多いそうです。

なぜなら、空対空での撮影飛行機に搭乗して
上空で飛んでいる飛行機を撮影すること
)を行うには、
費用資格の面で非常に難しいのだそうです。

徳永克彦さんのように、軍用機に同乗撮影が許可されていて
空対空で戦闘機を撮っているプロカメラマンとなると、
世界でも10人ほどしかいないのだとか。

さらに、フリーランスで国際的に活動している方となると、
現在世界では徳永克彦さんを含め3人しか
いないのだそうですよ。

いかに徳永克彦さんのお仕事が特殊で
プロフェッショナル
なのかが分かります。

また、徳永克彦さんのこだわりとして、ミッションの95%は
事前の打ち合わせ
に費やしているのだそう。
安全で確実なシチュエーションをプログラムとして
しっかりチームで決めてから、残りの5%で撮影を行う
のだそうです。

カメラや撮影機材は?

nikonカメラ

引用:Pixabay

デジタルになったことで、画のクオリティーが
あがった
と話している徳永克彦さん。

1996年からデジタルカメラを使い始めたそうで、
フィルム時代には撮れなかったものが、
デジタルでは撮れるようになった
とのことです。

ちなみに、コックピットでのデジカメの使い方について、
徳永克彦さんはこのように話しています。

4月から5月にかけてタイ空軍を撮影したときもISO2000まで感度を上げて撮影しました。撮影は全てRAWで行います。JPEGは使いません。露出は基本的にシャッター優先オート。ひとつの方法で決まったところでずっと撮影できるわけではないので、ホワイトバランスはほとんどの場合オートを使います。露出はそれほどでもありませんが、ホワイトバランスは撮影後の画像編集で、かなり調整します。光の色が違いますし、キャノピーに淡い色が付いている場合が多いので、透明感を強調する必要があります。ピントについては、シャープなピントが得られる確率の高さを考えて、オートフォーカスかマニュアルフォーカスにするかを決めます。通常はオートフォーカスの方が速いし、精度がいいのですが、キャノピーに歪みや傷がある場合には、マニュアルフォーカスを使います。

また、機材については、コックピット内は狭く
計器類とも干渉するため、できるだけ少ない機材しか
持ち込まない
のだそうです。

事前に決めたプログラムの内容に応じて持ち込むものを
決めるのだそうですが、典型的な撮影としては、
以下のものを持ち込むと話しています。

カメラボディー(Nikon)

D4を1台と、D800を1台(背面飛行がある場合は1台のみ)

レンズ(基本)

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

また必要に応じてAF-S NIKKOR 85mm f/1.8GAi AF Fisheye-NIKKOR 16mm f/2.8D

写真にそんなに詳しいわけではない私でも
知っているカメラですので、プロとはいえ
特別な高級品でというわけではないのですね。

道具よりも、腕!なのかもしれません。

でもさすがのNikonです。

作品(写真)が凄い!

それでは、実際に徳永克彦さんが撮影された
素晴らしい作品の数々をご覧ください。

個人的にすごい!と思ったものをピックアップして
紹介させてもらいます。

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

どれも迫力満点で、航空ファンでなくとも
おぉぉ~!となる写真ばかりではないでしょうか。

力の入った奇跡の一枚の連続という感じですね。

これを綿密に計画して安全に行えるのですから、
すごいですね。パイロットたちからの
絶大な信頼を得ていないと撮れなさそうな
瞬間ばかりではないでしょうか。

スポンサーリンク


家族はいるの?

徳永克彦さんの活動拠点は日本なのだそうですが、
年間約300日以上を海外で過ごしているそうです。

また、「カメラを置くと実は、取材で訪れる
世界中の女性に優しい
」という自己紹介文も見ましたので、
徳永克彦さんはご家族は?と気になったので、
調べてみました。

すると、こんなツイートを見つけました。

奥様は超美人!」とありますので、徳永克彦さんは
ご結婚されていて奥さんがいらっしゃるようですね。

そして徳永克彦さんのフェイスブックで
奥さんを発見しました。

明子さんとおっしゃる方で、年代としては徳永克彦さんと
同年代くらいの方だと思いますが、徳永克彦さんに
負けず劣らず、アクティブな方のようです。

奥さんは一般の方のようですので、ここで写真を
紹介することは控えます。

奥さんも、徳永克彦さんの会社の所属になっていました。
そして奥さんは、英語だけでなく、フランス語・スペイン語・
ポルトガル語にも堪能
で、投稿内容から奥様も世界各国を
飛び回っているよ
うでした。

それも、徳永克彦さんに付き添ってというよりは、
奥さんご自身の何かの活動のようです。

そうなると、拠点は東京にあるようですが、
おふたりが一緒にいる時間はほとんどなさそうですね。
でも、距離は関係ない、という感じかもしれません。

そもそも、徳永克彦さんとしても、じーっと東京でひたすら
帰りを待たれるより、ずっと気が楽かもしれませんね。

年収はどのくらい?

引用:Pixabay

低空飛行からジェット機がとぶほどの高さまで
一気に音速で駆け上がることもあるような戦闘機。
通常の人は失神間違いないような、危険極まりない過酷な環境で、
フリーランスとして活躍を続ける徳永克彦さん。

いったいどのくらいの収入を得ているのか、
全く想像がつきませんよね。

しかし徳永克彦さんの年収は公表されていませんので
(当たり前か!?)、推察していきたいと思います。

まず、空対空の撮影には、毎回莫大な費用
かかるそうです。戦闘機を一機飛ばすのに、
その燃料代は一回200万円ほどになるのだそうです。

徳永克彦さんが乗る撮影機を含めて数機は飛ばすので、
1時間ほどの一回の撮影で1000万円以上の費用
かかっている計算です。

毎回大きなお金が動く仕事なんですね。

そして仕事の内容としては、身体的にも過酷な状況で、
ミスの許されない確実さを求められる仕事になりますから、
人件費も通常以上にかかるのは間違いなさそうですね。

通常、フリーで活動している人気カメラマンですと、
年収1000万円を稼ぐのもあり得るそうなんです。

ですから、通常と比較すると徳永克彦さんは、
その数倍は稼いでいてもおかしくはないですね。

さらには写真集出版カタログ・ポスター
などの撮影
もあるようですので、トータルすると、
年収はに近いものになるのではないでしょうか。

世界に誇る日本人カメラマンですから、もっともらっていて
欲しいですが、控えめにいってそんな感じなのではないかなと
思います。

まとめ

今日は戦闘機カメラマンとして世界で活躍
されている徳永克彦さんについて
気になることをいろいろと調べてみました。

世界で3人のうちの1人、というとてもレア
な職業ではありますが、作品も素晴らしいもの
ばかりで、このような活躍をされている方が
いるということは同じ日本人としても
誇らしく思いました。

ニッチな業界なこともあるのか、後継者が
いないことは少し残念ではありますが、
引き続き徳永克彦さんのご活躍を目にすることで
空対空のカメラマンがまた日本から出ると
いいな、と思いました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です