森下一喜の経歴や年収が凄い!出身高校・大学や実家は?藤崎奈々子が嫁!?

熱愛

こんにちは!Sakuraです。

久しぶりに藤崎奈々子さんのお名前を聞いたなと思ったら、ご結婚だそうですね!おめでとうございます!

そしてそのご結婚されたお相手が、今日の気になるお方、森下一喜(もりしたかずき)さん

CMでも耳にしたことのある「ガンホー」というゲーム会社の社長さんです。

今日は、森下一喜さんについて気になることを調べてみたいと思います。

まずは経歴出身高校・大学を調べてみたのですが、それがとっても意外なんです!

実家は医者だったのですが、そこからも驚きの展開がありました。

すごい年収ではあるものの、本当にゲームが好きで、人を楽しませることが好きな森下一喜さん。とっても素敵な方でしたよ。

今日はそんな森下一喜さんについて詳しくご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク


森下一喜プロフィール

 

森下 一喜(もりした かずき)

生年月日:1973年9月16日

年齢:45歳(2019年7月現在)

出身:新潟県

職業:ガンホー・オンライン・エンターテイメント(株)代表取締役社長

趣味:サーフィン、スキー&スノーボード、ゴルフ

 

新潟県の越後湯沢で生まれた森下一喜さん。

幼少期は山奥で動物と触れ合いながら過ごしたが、中学生の時に千葉県へ。

そして中学生の時にはゲーム三昧の生活になるほど、ゲームにのめり込んだ生活となる。

様々な職種を経て、1994年4月、株式会社パルテックに営業職として就職。

2000年、26歳の時に独立し、ゲーム開発会社「ドルフィンネット株式会社」を創業。

2002年、同社を解散したのちに、ゲーム事業となるオンセール株式会社(現:ガンホー・オンライン・エンターテインメント)を立ち上げ、COOに就任。

2004年、ガンホー・オンライン・エンターテインメントの社長最高経営責任者(CEO)に就任。

同時に、会社の経営のみならず、開発部門の責任者(統括エグゼクティブプロデューサー)として、ゲーム制作の現場で指揮をとってきている。

2011年、スマートフォン向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」を開発すると、これが大ヒット。

一気に株価が100倍を超え、2013年には時価総額が一時1兆円に達し、自身も億万長者に。

2015年、東証ジャスダックから東証一部に上場。

代表作はパズドラの他に、「ディバインゲート」「サモンズボード」など。

実家が凄い!?

社長としてだけでなく、新しいゲームを開発する現場の責任者としても凄まじい手腕を発揮している森下一喜さんですが、一体どんなご家庭で育ったのでしょうか。

気になったので調べて見たいと思います。

まず、wikipediaにも掲載されていますが、実は森下一喜さんのご実家は、病院だったのだそうです。

お父様がお医者さんで、開業医をされていた、ということなんですね。

と言うことは、かなり裕福なご家庭で育ったみたいですね〜。

森下一喜さんのお父様は、もともと新潟では勤務医をされていたのですが、千葉県にうつり住み、東京の方で開業していました。

しかし、森下一喜さんの弟さんは体が弱く入院をしていたため、森下一喜さんだけおじいさんとおばあさんがいる越後湯沢に幼少期は長い間預けられていたのだそうです。

ちなみにその時に住んでいたおじいさんとおばあさんのおうちは、スキー場に立っているスキー旅館だったのだそう。

そんな環境だったことで、森下さんもスキーは3歳の頃からやっていたのだとか!

そしてお家のすぐ近くの大きな川で魚をとったり、山奥なので虫や動物と濃密に触れ合う、という日々を過ごしていたそうです。

話が逸れましたが、森下一喜さんのお父さんはお医者さんだった訳なのですが、どうやら裕福で勉強もよく出来た子供だった、なんて言うシンプルな話ではないみたいなんです。

実はお父さんは、森下一喜さんが高校生くらいの時に医者をやめて、医療系の器具を扱う事業など他の業種の事業を2回以上立ち上げたのだとか。

開業医として働き、病院の経営に問題があった訳でもなかったのに、他のことがやりたくなったお父様は、ご自身の病院は他の方に譲渡したのだそうですから、だいぶ思い切った舵きりをしていますよね。

そして残念ながら2回ともうまくいかず、しかも2回目の新事業では森下一喜さんが連帯保証人になったことで、高校生の時には多額の負債を抱えてしまうことになったのだそうです。

なんか、すっごい異次元の話ですよね。笑

しかしそこは森下一喜さんは、根がボンボンだからか(笑)、まぁ何とかなるよね、みたいな感じだったみたいなんです。

高校生に借金の現実は受け止めきれないですし、そうならざるを得ないというところはあるのかもしれませんね。

結局その借金はどうなったのかわかりませんが、少なくともこのような実体験があったことが、のちに森下一喜さんご自身が社長になることに繋がっていったのかなぁと思います。

事業に失敗したという意味では反面教師かもしれませんが、まさにお父様は、身を呈した”社長の先輩”だった、と、いうわけですね。

出身高校・大学は?学歴も凄い!?

引用:Pixabay

高校生の時には莫大な借金を抱えてしまうといった、その辺の高校生からは想像できないような経験をしてきた森下一喜さんですが、ご自身の学歴はどんな感じなのでしょうか。

やっぱり裕福なご家庭で育ったから、勉強や学校もしっかりとしていたんでしょうか。

幼少期の頃にはすでにご両親は千葉にいて森下一喜さんはおじいちゃんおばあちゃんの新潟のおうちに住んでいましたが、森下一喜さんが中学生になった時、森下さんご自身も千葉県に移っています。

小学生の頃からファミコンなどゲームにはまっていた森下一喜さんですが、千葉に来た中学生の頃にはすっかりゲーム三昧、という生活を送っていたのだそうです。

もともとゲームもめちゃめちゃ好きなんですね〜!

ご本人のインタビューを見る限り、中学の時にも一生懸命勉強した、というタイプではなかったようですので、かなりゲームにハマっていたようですね。

確かにファミコンとか、みんなやってましたよね〜!(古い!?)

引用:Pixabay

そして千葉県内の中学を卒業したあとは、「千葉商科大学付属高校」という学校に進学していました。

この学校を選んだきっかけについてもインタビューで答えているんですが、なんと、

千葉「歯科」大学の付属だと思っていた

のだそうです。

歯医者になれば衣食住に困ることにはならないだろうと思って、歯医者になろうと思って、この高校を選んだのだそうです!

・・・なんという勘違い!

でも、歯科大じゃなかった、と気が付いても、まぁここでもいいかとスッと軌道修正をしたのだそうです。

将来社長になる器の方は、切り替えも早いですね!

私だったら立ち直れないかも・・・・笑

そして高校生の時には、もともと外で体を動かす方が好きだったこともあり、サーフィンをはじめています。

千葉には良い波乗りスポットがたくさんあるので、サーフィンをするにはとってもいい環境ですね〜。

そして大学ですが、結論から言うと、進学していませんでした。

というのも、高校最後の先生との三者面談では、「大学にいったらロクな人間にならない」と言われたそうです。

なぜ先生がそのようなことをいったのか真意はわかりませんが、どうも、人前で喋るような仕事(車のセールスマンや漫才師)が森下一喜さんにはぴったりだと思ったかもしれない、とご本人は推測していました。

実際、森下一喜さんはバンドをやったり、街頭で「ストリート漫才」をやったりしていたのだそうですよ!

勉強の方も、森下一喜さんのご両親のコメントからしても、成績が良かったとは言えない感じだったみたいですから、高校の先生も森下さんには勉強は向いていない、と言うところも見抜いていたのかもしれませんね。

大きな会社の社長をしている方、案外、学校には行っていない、と言う方も多いですよね。

やっぱり大物になる方は、学歴ではなく、人前に出ることが得意だったり、みんなが面白い!欲しい!と思うかどうかという目線でサービスを提供することに躊躇なく突き進めるかどうか、といったような要素が大きく影響するんじゃないかな、と思いました!

経歴を見ると、いかに森下一喜さんがチャレンジングか、ということがわかりますよ!

続きます!

森下一喜の経歴が凄かった!

引用:ぱくたそ

平成4年、高校を卒業した後は、事務所に入って漫才師をしながら、他にもバーテンダーや、レンタルビデオ屋の店員とかをやって首都圏で職を転々としていた森下一喜さん。

しかし漫才を始めてから6年後、相方が漫才師をやめて実家に帰ることになったことをきっかけに、コンビを解散し、森下さんも漫才師をやめます。

そして内装工事系のアルバイトをして、現場監督までつとめていた矢先、街中で同世代の人がきているスーツを見て、転職を決意していました。

自分と同じ年齢の人ビシっとスーツ姿で街を歩いている姿が妙にかっこよく見える、というのはなんだかとってもわかります。私も20代前半でまだ学生だった時に、同じくらいの友達がみんなスーツでバリバリ働いているのを見て、私も早くあんな感じで働きたい!と思ったものです。

そしてパソコンに関する知識がほとんどなかったにも関わらず、なんかかっこいいから、と言うような感じで、森下一喜さんはソフトウェア開発会社に応募営業職として働くことになります。

必死に勉強した甲斐があり、営業成績もトップに。

責任のある仕事も任されるようになり、営業マンとしてすこぶる順調だった森下一喜さんですが、そんな成功に反して、心の中では漫才師のような、人を楽しませる仕事がやっぱりしたいと思っていたのだそうです。

そこで当時の同僚を2人誘って、2000年にオンラインゲームの開発会社を立ち上げます。

とはいえ、2000年はまだISDNの時代。ブロードバンドは普及しておらず、パケ放題のような物もなかったですから、まだまだオンラインでゲームを楽しめるような環境はなかったですよね。

そんな時代背景だったので、せっかく立ち上げた会社もほどなくして失速。

会社は一度解散となります。

しかし次の企業の準備をしている間に手伝っていたソフトバンク系の会社で、ソフトバンクの創業者・孫正義氏の弟である、孫泰蔵(そんたいぞう)さんと出会います。

そこでオンラインゲームに興味を持ったソフトバンク系のこの会社を「オンラインゲーム開発会社」として、孫泰蔵さんとともに、再構築することになります。

そして平成14年(2002年)、この2人によって、ガンホーが誕生するんですね。

孫泰蔵さんは、のちにガンホーの会長となっています。

・・・・と、色々な経緯がありましたが、結局は森下一喜さんは、人を楽しませたい、と言うところが一貫していたことと、子どもの頃から大好きだったゲームが合致して、ゲーム事業に参入することになった訳ですから、たどり着くべくしてたどり着いた場所、と言う感じがしますね!

その後の快進撃はみなさんもなんとなくはご存知かもとも思いますが、森下さんが社長になるまでにこのような経歴だったのは、全く知らなかったので、驚きました。

そしてガンホーも、もともとは「自分たちがおもしろいゲームを作りたい」と言うことで始めているんです。

決して儲かるから、とかそういうことではなく、その後もずっと、純粋に自分たちが作りたいものを作る、というところにこだわってゲームを作っているのだそうです。

作ってみてつまらなかったら、全部ひっくり返して創り直すことも大切、と森下さんは話していました。

そして森下一喜さんとしては、「本当に自分たちが作りたいもの=多くの人に楽しんで欲しいもの」という風に考えているので、この理念にのっとっている限り、今後もヒット作はどんどん出てくること、間違いないですね!

森下さんご自身も「今の仕事は自分の天職」とおっしゃっていました。

素晴らしいですね!

そして社長さんとは言っても、森下一喜さんはとっても人間味に溢れる方だなと思いました。

自分自身を誤魔化さず、これだと思うものには素直に動く、というのも、とっても大切ですね。

スポンサーリンク


年収はどのくらい?

カード

引用:Pixabay

さて、これだけの方ですから、どれだけの稼ぎがあるのかしら?・・・なんて急に下世話ですみません(笑)。

もちろんゲームも稼ぐ為に作っている訳ではない!という方であるのは重々承知の上なんですが、なんせ、ほら、もうご家族もいらっしゃることですし、だいたい、どんなもんなんだろうなぁと言うところ、調べて見たいと思います!

そして2017年の「上場企業役員の役員報酬総額のリスト」を調査してきましたよ!

森下一喜さんは、

114位

にいまして、役員報酬の総額は、

2億1100万円

でした!

そのうち、「基本報酬+賞与+業績による報酬」が、

1億3800万円

とのこと。

やっぱりすごい額ですね〜!

実際の手取り額は、この役員報酬の総支給額から、「社会保険料」や「源泉所得税」を控除しなくてはなりませんが、ここには、年齢や「扶養家族の数」が関係してきます。

後述しますが、結婚しているかどうかでもまた額が変わってくる訳ですよね。

少なくとも、この役員報酬の額からすると、手取り

800万〜1200万円(月収)

といったところかなと思います。

年収じゃないですよ、月収ですよ。

ただ、森下一喜さんの暮らしは決して贅沢なものではないそうですよ。

多くの社長さんは、会社のことを考えるとあまりお金は使えない、という話は聞きますので、森下一喜さんも、ご自身の私生活よりは、会社のことを第一に考えて生活しているのではないでしょうか。

藤崎奈々子と結婚の噂!

結婚式

引用:Pixabay

さて、だいぶ前からタレントの藤崎奈々子さんがお付き合いしているお相手が森下一喜さんだという噂があったのですが(あ、知らなくてももちろんおかしくはないですよ!)、つい先日、藤崎奈々子さんが結婚したことを発表しました。

なんでも、友人の紹介で知り合ってから21年!

交際してから13年ほどなんだそうです。

しかもずっと同棲していたみたいなんで、事実婚の状態だった、とも言われています。

2年ほど前のインタビューでも左手の薬指に指輪がありますし(画像はこちら)、しかもちょっとくい込んでいるあたり、もっと前からしていたような感じなので、まぁもう実際に籍を入れているか入れないか、というだけのところだったのかもしれません。

じゃあなんで今のタイミングで結婚したの?と思いましたが、藤崎奈々子さんが妊娠したりした訳でもないようです。

藤崎奈々子さんは「思いつきで」と言っていましたが、確かに過去のインタビューでも森下一喜さんは「ゲーム以外のことでは本当にいい加減なんで」と何度も言っていたので、結婚についても特にどうしよう、とかプランはなかった、と言うだけのことなのかなと思いました。

藤崎奈々子さんも、昔はロンブー淳さんとお付き合いしていたイメージが強いですが、もう41歳なんですね。

天然な感じの方だったように記憶していますが、案外いいお母さんになるんじゃないかなとも思いますので、これからお子さんの誕生なんかのニュースも聞けるといいんじゃないかな、とも思います(お節介ですが!笑)。

いずれにしても、またこの結婚を一つのきっかけとして、森下一喜さんが一層活躍して世に一大ムーブメントを起こすような新ゲームを生み出すようになるよう、応援していきたいと思います!

まとめ

成功している会社の社長さんとはいえ、森下一喜さんの「自分が作りたい物にこだわりたい」「人を楽しませたい」といったビジネスの根幹に、とても共感することができました。

いい意味で庶民的な感覚を持っているからこそ、ヒット作を生み出すこともできるんだなということにも気がつきました。

そしてなんでも挑戦なんですね。これ、と思ったらとにかくやってみる、という森下一喜さんのスタンス、私も取り入れることができるなと思いました。

そしてまさか漫才師だったとは。笑

藤崎奈々子さんとの結婚の話題から調べてみましたが、森下一喜さんという方のことを少しでも知れて良かったなと思いました。

今後のさらなるご活躍もお祈りしております♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です