宮原華音は空手で筋肉やアクションが凄い!出身高校・大学も調査!

今日はアクション女優として活躍の場を広げている宮原華音さんについて、気になることをいろいろと調べてみたいと思います。

なんでも、空手が凄いのだそうですが、その腕前はどんなものなのでしょうか。

また、出身高校大学どこであるかは、すでに周知の事実なんですが、よくよく調べてみると、空手と芸能活動の両立に関係して、高校1年生の終わりに人生の大きな選択を迫られ、高校も変わっていました。

いったい何があったのでしょうか。

凄いアクション動画や、筋肉画像についてもご紹介しますよ~。

宮原華音プロフィール

宮原 華音(みやはら かのん)

生年月日: 1996年4月8日

年齢: 23歳 (2020年3月現在)

出身: 東京都

身長; 170cm

事務所: タンバリンアーティスツ

特技: 空手

 

小学生の頃、ニコ☆プチ読者モデルを少しやっていたといいます。

身長も170cmと高かったことから、友達にもモデルを勧められ、モデルに興味を持つようになり、オーディションを受けていたのだそうです。

そして2011年11月、2012年度の三愛水着イメージガールに就任することが決まり、芸能界デビューとなります。

この年、イメージガールが創設以来、初の一般公募だったそう。しかもこのとき宮原華音さんはまだ15歳。この年齢は、同イメージガール史上最年少記録だったのだそうです。

そして芸能事務所タンバリンアーティスツに所属が決まります。

初舞台は、2013年8月の高校2年生の時。アリスインプロジェクトの舞台「時空警察ヴェッカー1983」でした。

そして西監督に発掘されたことで、2014年6月公開の映画「ハイキック・エンジェルス」で主演に大抜擢されています。

その後、映画では「暗殺教室(2014)」「リアル鬼ごっこ(2015)」「阿修羅少女〜BLOOD-C異聞〜(2017)」「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018)」に出演しています。

舞台では、「戦国降臨ガール・ReBirth」などアリスインプロジェクトの舞台や、「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド(P4U)」などに出演。

2018年9月には、舞台「NINJA ZONE 〜RISE OF THEKUNOICHI WARRIOR〜」にて主演を務めます。

エンターテインメントショー「魔界」にも出演しています。

テレビでは、2018年7月1日放送の「KUNOICHI2018」に出場。

2016年には、写真集「瞬撮アクションポーズ01女子高生アクション編」と「瞬撮アクションポーズ03刀剣・銃・少女バトル編」に参加。

2017年のジャパンアクションアワードでは、仮面ライダーアマゾンズで「ベストアクション女優賞優秀賞」を受賞しています。

アリスインプロジェクトの舞台で共演以来、2018年7月から大人気のインディーズ映画「カメラを止めるな!」に出演している、秋山ゆずきさんともお友達なのだそうです。

カメラを止めるな!キャストプロフ一覧!ロケ地やメンバー衣装を調査!

2018年8月2日

秋山ゆずきが事務所をやめた理由は彼氏?経歴や出演作品も気になる!

2018年7月29日

出身高校・大学は?

中学3年生のときに2012年度の三愛水着イメージガール就任することが決まった宮原華音さん。

ここで芸能界への道が一気に開き、いくつかの事務所からオファーがあったのだそうです。

しかしこの頃はまだバリバリ空手をやっていた時期。どの事務所も、空手はやめて芸能活動一本でやってほしい、というものだったそうです。

でも芸能活動と同じくらい、空手もあきらめたくなかった宮原華音さん。空手と芸能活動の両立を目指して、高校は、勧誘されていた空手の強豪校に入学します。

しかし空手の練習に長時間の通学、加えて芸能活動と、とてもハードな日々が続いたことで、ついに故障。

空手が続けられなくなってしまうまでの状況になってしまったそうです。

そこで、芸能活動に本腰を入れることを決意。

2年次から日本芸術高等学園編入したのだそうです。

そして舞台の主演など、活発に芸能活動をしながら2年間、同高校に通っていました。

チアダンス部にも入り、空手も道場には通っていたようです。

そして高3の時には受験勉強も。

かなり大変な高校生生活だったのではないかなと思いますが、同高校を2015年3月に卒業した宮原華音さんは、現役で日本体育大学に入学しました。

芸能活動もしながらの、日体大への現役合格。

頑張りましたね~!

空手の腕前は?

特技は空手、というレベルではなく、本格的に空手をやっていた宮原華音さんの空手の腕前について調べてみました。

空手を始めたのは、小学校2年生

小学校5年生のときには、全日本少年少女空手道選手権大会の組手部門で優勝したそうです。

中学校3年生のときには東京都中学生空手道選手権大会準優勝関東中学生空手道選手権大会ベスト4という素晴らしい成績を残しています。

全国大会で何度も結果を出し、空手が大好きだったのだそう。

そんな空手少女は、日本一にも輝いたことのあるほどの空手の腕前でした。

恐れ入りました!!

ちなみに、空手だけではなく、宮原華音さんは運動神経がとても良いみたいですね。

中学では陸上部に所属していて、100m走と砲丸投げで都大会ベスト8という結果を出したこともあるのだそうですよ。

50m走は中3の時に7秒3!!

同い年の女子の50m走のタイムの平均は、だいたい8秒6くらい。

平均からするとめちゃめちゃ早いですよね!

また、中3だったこの頃から、ヒップホップダンスも習い始めていたのだそうですよ。

身体、どんだけ動かすんでしょうね!笑

でもこのように、身体を動かすことが大好きな宮原華音さん。学生時代にやってきたことが、今芸能活動で完全に生きていますよね。

ちなみに、2018年6月には、6年ぶり空手の試合に復帰した、とブログで報告しています。

空手の黒帯も取得しています。努力も続けています。

2012年というと、高校1年生のときくらいですね。

ずっと道場には通ってきたようですが、やはり高校1年生で故障して以来、試合は出ていなかったようです。

そしてその6年ぶりに出場した試合で、なんと、優勝したそうです!

やっぱり、強いっ!

筋肉やアクションが凄い!

宮原華音さんの必殺技は、飛び蹴り

まずは、動画で見てみましょう。

何ですか、この跳躍力!

どうしたらこんなに飛べるんでしょうか。笑

身長も170cmと高いので、すごい迫力です。

いや~、型が綺麗なのは空手のお陰だとしても、やっぱりそもそも、ものすごい身体能力なんですね。

これは、アクション女優が多く出演する映画で主役に選ばれるだけのことはありますね。

いや~凄いもの見たって感じです。(ため息)

そして宮原華音さん、現在もアクションの練習にも通っているようで、より一層アクションの腕を磨いているようですね。

そしてアクションを始めたころからの大親友青野楓さん

お互いに、「姉さん」「妹」と呼び合うほど。SNSにも2ショットが頻繁に登場しており、お二人はしょっちゅう一緒にいるようです。

これだけ身体を動かしていますから、筋肉も引き締まっています。

ただ、女性らしい体型も保っていて、理想的な引き締まり方ではないでしょうか。

中学3年生の、最も空手がピークだった時代はいまよりずっとムキムキだったようです。

画像

どちらがいいかは分かれるところですが、個人的には現在の方が女性らしくて好きです!

まとめ

今日はアクション女優としてこれから注目が高まりそうな宮原華音さんについて気になることを調べてみました。

空手の腕前は超一流だったものの、芸能活動と2足のわらじで大変だった経験もされていたようでしたね。

しかし、そんな時代もあったからこそ、アクション女優としての自分の役割を芸能界の中で見出すことができているのではないかと思います。

これからアクション女優、需要が高くなるそうですよ!

飛びぬけた身体能力を持つ宮原華音さんの今後のアクションからも目が離せませんね!

関連記事

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です