ベースとギターはどちらが難しいのか聞いてみました。ベース演奏に向くのはこんな人

バンド活動や音楽をはじめたいと思っている人は多いと思いますが、「演奏するなら、ベースかギターどっちにしようか?」と悩んだことはありませんか?「どちらが難しいの?」という疑問をよく耳にします。それらの違いや難易度、ベースやギターに向いている人を紹介します。また、それらにハマったというポイントも聞いてみました。

ベースとギターはどちらが難しい?それら難易度について

Acoustic guitar. wood guitar, music instrumental concept. 出典:123rf

バンドを組むことになった初心者の人は、ベースとギターのどちらの演奏を担当するか悩む場合も多いでしょう。その時に難易度や楽器の値段で決めようとするかもしれませんが、それはやめましょう。大切なのは、「自分がどちらをやったみたいのか。」ということです。それを基準に考えてみましょう。好きなことであれば、自分から練習します。そのため早く上達できるからです。どうしても迷ってしまうのであれば、それぞれの役割を理解して決めてもよいでしょう。

ベースはリズムを担当することになります。そのため、バンドを下から支えるような存在でしょう。反対にギターは、ソロやメロディを担当することになるのでステージの上でも目立つ存在で、お客様からも注目を集めます。自分はどっちのタイプか考えてみましょう。有名なギタリストやベーシストがかっこよく弾いている姿を見るのも良いかもしれません。自分はどうなりたいかも検討してみましょう。

ベースとギターを比べてみた。どちらが難しい?

ベースとギターの違いはその弦の数でしょう。ベースの弦は4本でギターの弦は6本です。そして音の高さにも違いがあります。ベースの音の高さよりもギターの音の高さの方が高いのです。それは弦の太さが違うからです。ベースの弦の方がギターの弦より太いため、ベースの音の方が低いのです。ベースの1~4弦の音を1オクターブ高くして、ようやくギターの3~6弦の音の高さになると言われています。では難易度はどうなのでしょうか?ベースとギターと比較すると、正式にはどっちが難しいと言えませんが、演奏形態から見るとベースの方が難易度は低いと言えるでしょう。しかし、ギターがすごく難しいというわけではありません。演奏の種類はギターの方が豊富です。そのため覚えることが多いのですが、練習する上では楽しみとなる部分も多いのです。

ベースが簡単というわけではない

ベースとギター、どちらが難しいor簡単なのでしょうか?弦の数から考えてもギターの方が難しいと考えられますが、だからと言ってベースが簡単というわけではありません。確かにギターは複数の弦を一度に弾き、複雑なメロディーを演奏します。それはきちんと練習しないとできないでしょう。しかし、ベースはバンドの土台となる役割があります。

ベースが音を外してしまうと目立ってしまうのです。弦の数が少ないので、初心者は始めやすいと言われることもありますが、ゆっくりなテンポの曲のリズムをキープするのも簡単ではないのです。ギター同様、練習が必要になります。ベースの音は聞きにくいと感じる人もいるでしょう。どうしても低音なので、他の楽器の音に埋もれてしまいます。しかしよく聴いてみて下さい。響くような低音で一定のリズムを刻んでいます。聴きにくい場合は、ヘッドフォンを使ってみましょう。ベースのリズムが大切なことがわかります。

ベース演奏に向くのはこんな人

A close up image of a bass guitarists hand and fingers playing the strings of the guitar. Making music or playing in a band concept. 出典:123rf

バンドの構成は「ボーカル・ギター・ベース・キーボード・ドラム」となっている場合が多いでしょう。たまにキーボードがないバンドもありますが。ではそれぞれの担当に向いているのはどんなタイプの人なのでしょうか?ボーカルとギターは、バンドの中心と言えるかもしれません。ステージの上でメロディーを歌ったり、ソロ部分を演奏するなどのパフォーマンスでお客さんを盛り上げなくてはいけないため、性格的には外交的な人が向いているでしょう。キーボードはコードを奏でることで曲全体をまとめ上げる立場になります。

そしてベースとドラムは、ボーカル・ギター・キーボードを支える立場。ボーカルやギターと真逆と言えるかもしれません。特にベースはバンドの裏方さんの印象・・・「地味でまじめで、人前に出ることがあまり得意じゃない人」の方が向いていると言えるでしょう。ただし、一音でも間違えてしまうととんでもないことに!そのくらい重要なポジションでもあると言えます。

元ベーシストがベースの魅力について語る

ベースを担当したことがある人は、ベースの魅力はその低音にあるとも言います。バンドで演奏するのを聞いても、あまり目立たないという感じがするかもしれません。

しかしスピーカーの前で演奏してみると、聞こえてくる重低音に感動するというのです。確かに地味な存在かもしれませんが、ボーカルやギターのメロディ楽器とドラムのようなリズム楽器との中間の存在がベースです。ある意味リズムも刻めるし、メロディも奏でられるのがベースだと言います。ベースがいなければ、ボーカルやギター、ドラムだって演奏できないでしょう。ある意味クラッシックの指揮者と同じ存在だとも言えるのかもしれません。ピアノを弾く時、メインメロディを弾くのは右手で、伴奏が左手のような感じがしませんんか?でも左手の演奏がないと寂しく感じます。ベースもそんな存在なのです。

まとめ

よく、ギターとベースは比較されます。一般的にベースはギターより弦が太く、数は少ないです。また、ベースの音は低音で、ドラムと調和して曲のリズムを作ります。そういったベースとギターはどちらが難しいということはなく、ベースの方が弦の数が少ないからと言って、簡単というわけではありませんでした。自分がどちらを演奏したいかが重要でした。ドラムと一緒に、曲の低音のリズムを作りたいという人は、ベース向きでした。

関連記事

  • 外出自粛中だけど、春の新学期に学校再開できる?小学・中学・高校・大学について調査 現在、特に、関東を始めとして、多くの都道府県の知事が「不要不急の外出を控えるように。」と、呼びかけています。 このような状況で、若者が集まる、小学校や中学校、高等学校、大学などが、 新学期に学校を再開できるのかが気になるので、調査しました。 どうしたら新学期に学校を再開できる? 令和2年3月26日付けで、文部科学省より、各都道府県・指定都市教 […]
  • 大岡川(神奈川県横浜市)水位ライブカメラ一覧!河川氾濫の可能性や最新被害情報! 大岡川(おおおかがわ)の近くにお住いの方にとっては、河川の氾濫の可能性や避難情報、また現在の被害状況についてなどの情報が大至急必要でありながら、テレビではお住いの地域の大雨情報や河川の情報を得ることはなかなか難しいです。 本記事は、神奈川県横浜市を流れる大岡川についての最新情報になります。お近くの方のお役に立てれば幸いです。 なお、この記事は2020年06月03 […]
  • 京都府の道路ライブカメラ!積雪や大雪の情報!何度で路面凍結? 近畿地方の京都府にお住いの方にとっては、降雪の可能性や大雪情報、また路面の凍結状況についてなどの情報が大至急必要でありながら、テレビではお住いの地域の大雪情報や道路状況の情報を得ることはなかなか難しいです。 本記事は、京都府における降雪や大雪、道路の路面状態の情報になります。 雪が積もると、交通機関に影響が出る可能性もあります。また、路面凍結の可能性もあります。 […]
  • 筑後川水位ライブカメラ一覧!河川氾濫の可能性や最新被害情報! 川の近くにお住いの方にとっては、河川の氾濫の可能性や避難情報、また現在の被害状況についてなどの情報が大至急必要でありながら、テレビではお住いの地域の大雨情報や河川の情報を得ることはなかなか難しいです。 本記事は、福岡県の筑後川(ちくごがわ)についての最新情報になります。お近くの方のお役に立てれば幸いです。 熊本県の阿蘇山が水源です。大分県の日田市内で玖珠川と合流 […]
  • 寝屋川(大阪府)水位ライブカメラ一覧!河川氾濫の可能性や最新被害情報! 寝屋川(ねやがわ)の近くにお住いの方にとっては、河川の氾濫の可能性や避難情報、また現在の被害状況についてなどの情報が大至急必要でありながら、テレビではお住いの地域の大雨情報や河川の情報を得ることはなかなか難しいです。 本記事は、淀川水系であり、大阪府を流れる寝屋川についての最新情報になります。お近くの方のお役に立てれば幸いです。 なお、この記事は2020年06月 […]