大学や専門学校のAO入試で面接を受ける時の服装や髪形について。制服?スーツ?

高校生がAO入試で専門学校や大学の面接を受ける時は、どのような服装で行けばいいのかわかりませんよね。 制服のある高校だと制服を着用して行くと思いますが、私服の学校の場合どのような格好で面接を受ければいいのかわかりませんよね? そこでAO入試で面接を受ける時の服装と髪形について、調べてまとめてみましたので是非参考にしてみて下さい。

大学のAO入試!面接に行く時はどのような服装がいいの?

Valladolid, Spain, September 2019: square in front of the university with statues. 出典:123rf

大学のAO入試に行く際に、どんな服装で行けば良いのかと悩む学生さんも多いのではないでしょうか?

そんな時にはどんな服装にすれば良いのかについて、男女の服装ポイントをご紹介していきます。

男子の服装ポイントの注意点

Students doing exam in classroom with stress. 出典:123rf

男子で一番注意したいのが「腰履き」です。普段の服装で腰履きするのは構わないですが、面接に行く際は、シャツは必ずパンツにインしましょう。その際はベルトにも注意が必要です。意外と目立ってしまう部分でもあるので、派手すぎない上品なベルトを締めていくようにしましょう。シャツはアイロンがしっかりかかった清潔感があるものにし、ボタンは一番上まで止めてネクタイをする場合は緩めずしっかり締めておきましょう。パンツもシャツ同様しっかりアイロンをかけたもの、理想は折り目が付くくらい。前々日前までには準備しておきましょう。普段オシャレでパワーストーンやネックレスをしている人もいますが、それらも必ず外しておきましょう。

女子の服装ポイントの注意点

Asian high school student wear face mask and look somewhere on campus. 出典:123rf

女子の服装ポイントで気を付けたいのは、スカートの長さとシワです。普段長めのスカートを履かないからと丈の短いスカートで面接に挑むのはだめです。規定の長さを守り、アイロンでシワをしっかりとったスカートを履いていきましょう。

また、男女共通して言えるのが、裾のほつれやボタンの取れ掛けなどです。面接前に全身をチェックしましょう。姿を見るのも忘れずに!

対策!面接では服装や話し方を見られている?

Man in suit hold his white shirt with cuff links. 出典:123rf

面接では服装に注意が必要ですが、服装といっても服だけではありません。服装には髪や靴も含みます。

男性なら髪は短く清潔感がある髪型、茶髪や極端に髪を立てるなど固めるなどもNGです。ナチュラルスタイルが基本です。女性も男性と同じく茶髪は避け、お辞儀をしたときに髪が邪魔にならないよう、黒や紺などのシンプルな髪留めで留めるといいでしょう。爪も意外と目立つ箇所なので、ネイルは避けて短く切りそろえてくることも大切です。

挨拶や受け答えなどの話し方もよく見られています。

大きな声で元気よくゆっくり話すことを心掛け、話し言葉を使わず敬語を受け答えするようにしましょう。

面接の際に、グループ討議やプレゼンに関する質問をされる場合があります。

例えば、自校の特色や教育理念のどれに興味を持ってこの学部を志望したのかを聞かれたとします。

志望理由について

many simple pencils and among them a red pencil. concept of difference from others. 出典:123rf

私は貴学部の○○に興味をもち志望しました。その理由は○○で、入学できたら○○に取り組みたい(具体的な説明を述べる)と思ったからです。と答えるといいです。

卒業後の進路を聞かれた場合

Happy University graduates in robes and academic caps stand in the park. 出典:123rf

○○の業界に就きたい、または○○のような人間になれるよう努力したいです。それは○○だからです。など理由を簡潔に述べることが大切です。

専門学校のAO入試の面接に行く時の服装や試験会場での注意すべき点

高校によっては、制服がなく私服で通えるところも多くあります。制服があれば制服で面接に挑みますが、私服の場合は特に注意が必要です。

清潔感がある着こなしを心掛け、腰履きなど着崩したりするのは絶対にだめです。私服であっても面接の際はスーツ、もしくは白シャツに黒や紺のパンツやスカートなどの組み合わせがベストです。

着ていく服は前もってアイロンがけをしておき、服がヨレヨレの状態にならないよう注意しましょう。出かける前に家で全身をチェックするのも大切ですが、面接前もトイレなどで身だしなみをチェックしてから試験会場へ行きましょう。

面接中だけ気を付ければいいとわけではありません。誰がどこで見ているかわかりませんので、すれ違う人は全員学校関係者だと意識して、廊下やトイレですれ違う際は必ず挨拶をするようにしましょう。

面接の控室で知っている人がいると、気が緩んでおしゃべりをしがちですが、無駄話をしないで静かに待つことも必要です。面接が終わり学校を出るまで気を抜いてはいけません。

美容専門学校に面接に行く時の髪形と服装について

Mannequins in denim and white clothes, in clothing store in shopping mall. 出典:123rf

美容専門学校の場合、髪型で合否が決まるわけではありません。美容師というのは人をキレイにするものであって、自分がキレイになることが仕事ではありませんので、その辺りの考えを十分に考えて勘違いしないことも必要です。

したがって、面接の際は見た目に気合を入れるのではなく、最近の流行りの色やヘアスタイルを察知しておき、学校に入学したら美容技術や知識を学んで、どうお客様をキレイにしてあげたいかなど、前向きな気持ちを持っておくことも大切なのです。

じゃ外見はどうでもいいの?となりますが、服装やヘアスタイルで重要なのはやはり清潔感です。特に美容師はお客様を相手に髪の毛を触ったり切ったりするものなので、清潔感を持つことはとても大事な要素です。誰だって不潔な感じのする人に触れたくないですよね。どんな服装、ヘアスタイルでも清潔感があるものにしましょう。

美容専門学校の面接時の服装は自由な場合が多いですが、全体的なバランスが大切です。自分のコンセプトを持った統一感があるスタイルは、黒髪でスーツであってもオシャレに見えるものです。

指定校推薦で面接に行く時の服装は制服?スーツ?

Asian school girl walking and looking at urban city. 出典:123rf

指定校推薦の場合、大学側が服装の指示を出すことはあまりありません。

それは、大学側が高校生は基本的に制服が多く、指示をしなくても制服を着て面接に来るだろう思っているからです。就活も同様で、企業側があえて「面接時はスーツ必須」とは言いません。それはスーツが基本という考えがあるからで、もしスーツの必要がない、スーツでなくても構わない場合のみだけ「私服でお越しください」となります。

指定校推薦の面接でも基本的には制服で臨むのが一般的となっている節があるため、学校側にあえて伝える必要もなく、言わなくても着てくるだろうという認識をもっています。万が一制服で来ないおかしな恰好できた生徒がいたとしても、それはそれで、そういった考えをもっている生徒なんだと認識する程度になります。

それぐらい常識でわかるでしょう?という認識を持っている大学がほとんどなので、指定校推薦で大学の面接を受けるのなら、制服を着ていく方が間違いありません。

関連記事

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です