ゴーン会長の不正の実行と司法取引をした2人の日産側近が特定された!?

自動車契約


こんにちは!Sakuraです。

ゴーン氏にまつわるニュースが連日後を絶ちませんね。日産だけでなくルノーなどとも関係があるだけに、まだまだ解決までの道のりは遠そうです。

そんな中、ゴーン氏が不正を行った際に不正を実行した人物が2人いて、司法取引にも応じた人物と同じであることが分かりました。

その2人はいったい誰なのでしょうか。調査してみたいと思います。

事件の経緯

2018年11月、日産の内部告発によって、当時日産の会長であったカルロス・ゴーン氏が2011年から15年までの間、約100億円もの役員報酬を受け取っていたものの、自身の報酬を半額(約50億円)で申告していたことが判明。

ゴーン氏は50億円もの会社のお金を私的流用し、偽った額を記載した有価証券報告書を提出。

金融商品取引法違反容疑で逮捕されました。

また今後は、所得税法違反や、特別背任罪に問われる可能性も出てきています。

また、ゴーン氏の側近で日産の代表取締役のグレゴリー・ケリー氏もゴーン氏に共謀したとして逮捕されています。

そして逮捕から2日後、日産が開いた臨時取締役会にて、容疑者となったゴーン氏の会長職を解任することが全会一致で決定されました。

内部告発&司法取引があった!

ニュースでもすでに何度も報道されていますが、この事件は、あのゴーン氏が逮捕されるという衝撃もさることながら、

 

・事件の発端は内部告発だったこと。

・さらには、司法取引が行われていたこと。

 

ということでも注目されました。

今日(2018年11月22日)までに分かっていることをまとめてみますと、まず内部告発をした人物ははっきりとはわかっていないようですね。

しかし、西川社長や取締役や執行役員の面々に関しては、いわゆる「親ゴーン派」であるようですので、少なくともそういった日産のトップの人が告発したわけではなさそうなんです。

自動車業界にも詳しいある評論家の方によると、今回の内部告発は、現場の従業員から出たものではないか、とのこと。

実際、従業員の方からは、外国人社員との価値観の違いや意思の疎通が上層部とできていないことに不満があった人が多かったのだそう。

しかし、上層部と意思の疎通がはかれなかったほどの現場の社員が、内部告発できるほどゴーン&ケリー氏の動きを把握できていたのでしょうか。

またある見方では、ゴーン氏の不倫やDVを訴えて2017年から告発に出ているゴーン氏の前妻(リタさん)が告発に絡んでいたのではないか、という意見もありました。

しかし、前妻とはいえ会社での深いところまで理解はしていなかったであろうリタさんが告発することも、少し無理があるように思えます。

つまり、

親ゴーン派ではない上層部の人

あるいは

経理を担当している周辺の人

の辺りではないかと思います。

ルノーとの関係性まで取りざたされていて、横領のような単純な話ではなく、闇が深い事件なのかもしれません。

そして司法取引に応じたのは、「日産社内のゴーン氏の部下」と言われています。

実は司法取引制度が施行されたのは2018年6月。

司法取引をしたのは、日本では今回が2例目なのだそうです。

1例目はタイで起きた「三菱日立パワーシステムズ」の事件。
この会社の取締役がタイ現地社員と共謀して便宜を図ってもらうために賄賂を払った、というもの。



この件での司法取引では、捜査に協力した法人自身は不起訴になり、実行犯である現地社員の刑事責任も問わないというものだったそうです。

そして今回の日産の件では、司法取引に応じたのは、

「法務部門の外国人執行役員(54歳)」「日本人の幹部社員」の2人で、しかも

不正を実行した張本人

ということが分かりました。

このお2人は、不正について情報を東京地検特捜部に提供する代わりに、刑事責任は問われない、となったのではないでしょうか。

具体的には、

1)ゴーン氏がケリー氏に、有価証券報告書への虚偽記載をメールで指示。

2)その指示から、ケリー氏が2人の側近へ、虚偽記載をするようにメールで指示

という流れたあったこともわかってきたのです。

なんかそんな大切なこと、メールで伝えちゃうんですね。悪事がバレたときに、そのメールが動かぬ証拠となることは考えなかったのでしょうか。

当然、このメールはすでに特捜部に押収されており、容疑を裏付ける証拠となっています。

ではこの不正を実行した張本人で、司法取引にも応じたゴーン&ケリーの側近2人「法務部門の外国人執行役員(54歳)」と「日本人の幹部社員」は誰なのでしょうか。

不正を実行したゴーン&ケリーの側近2人が特定された!?

気になるのはこのお二人が、誰なの?ということですが、「法務部門の外国人執行役員」に関しては、年齢や役職などの情報からすでに特定されています。

画像はこちら

いろいろな情報を集めて外国人執行役員の中から条件に合う人物としては、こちらのハリナダさんという方しかいないようでしたので、こちらの方で間違いないといってもいいと思います。

もうお一方の「日本人の幹部社員」に関しては、まだ情報が少ないために特定には至っておらず、私の方でもわかりそうにはありませんでした。

こちらももう少し情報が出てきたらいずれ特定されるのかもしれません。

それにしても今回の事件の特性から、もしゴーン氏やケリー氏の指示がなければ、こちらのお二人は不正には加担しなかったはずです。

よって、こちらのお二人に関しては再犯の可能性はほぼ0であると特捜部に判断されたことも司法取引をした要因ではないでしょうか。

そしてこのハリナダさん、日産に長く勤めて日産に尽くしてきた方のよう。

キャリアとしても弁護士出身で、日産の法務を長きにわたって支えてきた人物のようですね。

司法取引に応じていても執行猶予付きなどで罪に問われる可能性もないとはいえないですし、トップ個人の私利私欲を満たすために利用され、自身のキャリアに泥をぬることになったのは気の毒な気がしてなりません。

とはいっても、そこは元弁護士。ハリナダさんは悪いことをバレないようにやる方法についても熟知していたのではないかなと思います。

さらには、5年にもわたる長い間、ゴーン氏の不正に協力してしまったことは残念ですね。

もっと早い時期に自身が内部告発することはできなかったのでしょうか。

それも、会社に忠誠を誓っていたからこそ、かもしれませんが。

一連の日産のこの事件、まだまだ続きそうです。

西川廣人の出身高校や年収を調査!自宅や家族(娘)は?愛車は日産?

2018.11.20

アナウンサーや芸能、スポーツ、ニュースなど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です