「桜を見る会」は何が悪い?経緯や問題点、新宿御苑についても!

毎年、春になるとニュースをにぎわす催し物があります。

それは、桜を見る会です。内閣総理大臣が主催する公的行事なのですが、

最近、色々な問題点が指摘されています。

桜を見る会の経緯や、どこでどのように開催されているのか?何が悪いのか?などが気になるので、調べていきます。

桜を見る会の歴史や経緯

千鳥ヶ淵から見える桜と皇居の堀と国会議事堂 出典:123rf

明治時代には皇室主催で、観桜会が吹上御所で開催されていました。

国際親善が目的でした。その後、浜離宮から、新宿御苑へと場所が変わりました。

昭和22年、新宿御苑は皇室庭園から公園になりました。

昭和27年、吉田茂首相が内閣総理大臣主催の「桜を見る会」として、復活させました。

以降、阪神淡路大震災や東日本大震災などの時を除いて、桜を見る会は開催されています。

ちなみに、民主党政権時代は東日本大震災があったことから、桜を見る会は、2010年の鳩山由紀夫首相の時の一回のみとなっています。このときは、鳩山首相のそっくり芸人である鳩山来留夫さんも招待されています。

新宿御苑とは


新宿御苑には春だけでなく、秋に咲く桜もあります。

「十月桜」や「ヒマラヤ桜」、「子福桜」です。


二月でも寒桜を楽しめます。結構、桜が咲いている時期があるんですね。

新宿御苑は日本さくら名所100選にも選ばれています。

先ほど述べた通り、新宿御苑は公園です。

公園であるけれど、以前の入場料は200円でした。

カフェもあります。

2019年3月19日より、入場料は、200円から500円に値上げされました。

レストランもあります。

桜を見る会に参加する人たちは、この入場料は無料となります。

また、桜を見る会が開催される時間帯は、新宿御苑は貸し切りとなり、招待客のみ入場できます。

新宿御苑のそばでは、新国立競技場が建設中です。

新国立競技場では嵐のコンサートも決定しています。

桜を見た後は、櫻井翔にも注目です。

どのようにして招待される?

いろいろな業界の功労者を、各省庁が選定して、内閣府や内閣官房が取りまとめます。その後、招待者一人一人に、内閣府が案内状を送付します。

あなたのところにも、急に案内状がくるかもしれませんね!

費用は?

公的行事のため、費用は税金から出ます。

昭和27年に、吉田茂首相が桜を見る会を始めたころは、招待者数が4400人ほどで、予算は30万円ほどでした。

現在とは、円の価値が全く違いますからね。

その後、中曽根康弘首相のときの参加者は8000人前後となりました。

花見での晴れ着姿が美しいです。

現在の安倍晋三首相が主催する桜を見る会の参加者は15000人ほどとなっています。

また、予算は1700万円ほどとなっています。

昭和初期との物価の違いから、予算は増えています。また、安倍晋三首相の政権運営の期間が長いことから、参加者も増えています。

何が悪い?問題点は?

一番目に、招待客数と予算が増えていることが問題点となっています。

物価の上昇や政権の長期化を考えると、しょうがないかなという感じもしますけどね。ただ、元が税金なので、予算の使い過ぎは悪いといえます。

二番目に、どのようにして招待者を選んだかが問題となっています。

これは、やはり、各界の功労者に限定すべきですね。このあたりも、以前から、なあなあになっています。あまり関係のない人を招待するのは悪いといえます。

三番目に、公職選挙法との関わりです。

これは微妙ですね。自分の資金を使って招待者を招くと、当然、問題となります。今回は公的行事の予算を使っています。だからこそ悪いという意見もあります。

共応接待にあたるかも微妙です。参加者は交通費や宿泊費などは自腹なので、かなり費用がかかっています。

混同しやすい会は?

桜を見る会にはスポーツ選手や文化人、芸能人が招待されます。

国民栄誉賞の吉田沙保里選手や伊調馨選手も参加しています。お笑い芸人のトレンディーエンジェルの斎藤司と、たかし、また、クリス松村さんなども参加しています。

似たような会として、園遊会があります。

やはり国民栄誉賞の羽生善治棋士と羽生結弦選手などが参加しています。

園遊会は天皇・皇后が主催し、赤坂御用地で開かれます。

まとめ

桜を見る会は、元来、各界の功労者を招待していました。

功績のあった研究者や文化人、スポーツ選手などを招待していけばいいのではと思いました。

そうすれば、それほど参加者や予算が増えすぎることはなさそうです。

関連記事

  • 桜井俊の学歴や経歴が凄い!櫻井翔の父親!総務省での努力や実力! 桜井俊さんは、ジャニーズの嵐(ARASHI)の櫻井翔さんの父親です。 そんな桜井俊さんの学歴や経歴がり、かなり凄いらしいです。 高校や大学などについて調べていきます。 また、官僚になった後の努力や実力、実績も凄いので調査していきます。 退官後の仕事も素晴らしいです。 桜井俊のプロフィール 言わずと知れた、櫻井翔さんの父親です。 […]
  • 岩屋毅前防衛省の出身高校や大学はどこ?学歴や経歴も気になる! 岩屋毅前防衛省は、前任の防衛大臣です。現在は防衛大臣ではないため、衆議院議員です。 その後、内閣改造で、防衛大臣は河野太郎防衛相に変わりました。 すごい高校や大学の出身みたいです。 大学生の時の、サークルなども気になります。すごいサークルに所属していたみたいです。 岩屋毅前防衛省の出身高校や大学など、学歴や経歴も気になるので調べてみました。 […]
  • 全日本フィギュアスケート選手権大会の出場選手!佐藤駿は何位? 毎年、冬になるとフィギュアスケートの中継が放送されます。 その中でも、毎年12月に開催されている全日本フィギュアスケート選手権大会が気になるので、調べてみました。 男子シングルや女子シングルの優勝は誰でしょうか? 特に、佐藤駿選手や紀平梨花選手に注目してみました。 どの選手も頑張ってください! 全日本フィギュアスケート選手権について 全 […]
  • 桜を見る会の招待者名簿は公文書?廃棄は適切?気になるので調査 報道番組などで、桜を見る会の招待者名簿について特集されています。 そもそも、招待者名簿や公文書が、どのような位置づけなのか気になります。 また、文書をシュレッダーで廃棄することや、 電子データのバックアップ体制や復元なども問題点として報道されています。 今回は、わかりやすく、細かく砕いてこのニュースをお伝えします(笑) 桜を見る会の招待者名簿とは […]
  • 吉野川水位ライブカメラ一覧!河川氾濫の可能性や最新被害情報! テレビではお住いの地域の大雨情報や河川の情報を得ることはなかなか難しいです。 しかし、川の近くにお住いの方にとっては、河川の氾濫の可能性や避難情報、また現在の被害状況についてなどの情報が大至急必要かと思い、まとめてみました。 本記事は、四国の高知県から徳島県を流れる吉野川についての情報になります。 お近くの方のお役に立てれば幸いです。 なお、この記事 […]
  • 岩木川水位ライブカメラ一覧!河川氾濫の可能性や最新被害情報! 岩木川(いわきがわ)の近くにお住いの方にとっては、河川の氾濫の可能性や避難情報、また現在の被害状況についてなどの情報が大至急必要でありながら、テレビではお住いの地域の大雨情報や河川の情報を得ることはなかなか難しいです。 本記事は、青森県中西部を流れる岩木川ついての最新情報になります。お近くの方のお役に立てれば幸いです。 […]

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です