尾崎亜衣は婚約者・嘉人と人間ドッグで検診?妹由衣と姉に子供は?

今日は双子の姉の方である女優の尾崎亜衣さんについて気になることをいろいろと調べてみたいと思います。若干34歳にして、子宮頸がんを発症し、手術をしたこと、また、彼氏と正式に婚約したことを発表しました。そこで、婚約者で俳優の嘉人さんとの馴れ初めから婚約までと、尾崎亜衣さんの病気発覚から現在までのブログなどでのご本人の赤裸々な告白をもとにして、人生の明暗の両方を詳しくまとめてみたいと思います。また、人間ドッグなどで検診は受けていたのでしょうか。調べてみると、厳しい現実があったことが分かりました。また、姉妹は双子の妹・由衣さんだけでなく、お姉さんもいることが分かりました。気になる誰かのお子さんについても画像と一緒にご紹介します!

プロフィール

Happy Young Asian Woman housewife Watering flowers On Balcony. 出典:123rf
  • 名前:尾崎 亜衣(おざき あい)
  • 旧芸名:水木杏奈
  • 生年月日:1984年2月25日
  • 干支:子年
  • 星座:魚座
  • 年齢:38歳 (2022年10月現在)
  • 出身:東京都
  • 血液型:A型
  • 最終学歴:東京女子大学文理学部卒業
  • 所属事務所:アーデニーエンタテイメント

(左が尾崎亜衣さんで右が双子の妹・由衣さん)

過去には水木杏奈としてグラビアやレースクイーンをしていたこともあります。2007年に映画「天使がくれたもの」に出演。ヒロインの親友役を演じています。またこの映画の挿入歌も結成した姉妹デュオkiss and cryで担当。「Only」というシングル曲を出し、歌手デビューしています。また、翌年2008年には双子の妹・由衣さんと昼ドラ「花衣夢衣」のヒロインを演じ(初主演)第二のマナカナとして話題になりました。その後は主に舞台を中心に女優活動をしています。演劇企画ユニット「劇団山本屋」には妹の由衣さんと一緒に旗揚げ当初から参加していますので、山本タク作品に多数出演してきています。そして2018年3月、2017年5月から続く体調不良や度重なる不正出血に疑問を抱き、病院にいったところ、子宮頸がんであることが発覚。翌月4月に手術を受けています。現在は闘病中のため、女優活動は休業しています。

婚約者は俳優の嘉人!しかし子宮頸がん発覚!

Light bow tie in the hands of a man. The groom holds a bow tie in his hands.Concept of men stylish elegance clothes. 出典:123rf

婚約者・嘉人さんは、年齢は尾崎亜衣さんの1学年上で、沖縄出身の俳優さんです。

2016年までは旧芸名として小橋川よしとで活動していたそうで、殺陣が得意で、現在も殺陣の講師を務める一面もあるのだそうです。

おー!カッコイイですね~。キレッキレの動きもいいですし、最後の刀をしまう所作が男らしくて好きです。もともとお二人は舞台の共演で知り合い、2017年9月にお付き合いを始めたそうです。で、なんの舞台なんだろう、と気になったので調べてみたところ、お付き合いが始まる直前、嘉人さんと尾崎亜衣さんは舞台「おしゃぶり。」でW主演を務めていたようですね。

こちらの舞台は2017年8月30日~9月3日公演となっていますので、きっとこちらの舞台の稽古で親密になって、舞台が終わってからお付き合いが始まった、というタイミングなんで(すみません、ここは私の想像です)、この舞台での共演がきっかけっぽいですね。そして付き合っていく中で、結婚の話も自然と出ていて、「子供は3人くらい欲しいね」などと2人で作っていく家庭を思い描いていたのだそうです。しかしそんな矢先、付き合い始める前の時期である2017年5月くらいから症状が出始めていた不正出血や腰の痛みがひどくなってきた尾崎亜衣さん。そして2018年1月末に歩けないほどの痛みに襲われ、大量に不正出血。2月も不正出血が止まらなったため2018年3月に病院に行くと、子宮頸がんであることが医者から告げられます。翌月には子宮と卵巣の全摘出手術を行いました。このとき尾崎亜衣さんの体に見つかった腫瘍の大きさは4センチほどで、がんのステージは1B2期というものだったそうです。こちらのステージで手術をした人の5年生存率は全摘しなかった人を入れたとしてもとても高いものですが、尾崎亜衣さんの場合、年齢が若い人に発症する「若年性がん」という、進行スピードが早いタイプのがんであることが分かったために、再発の可能性を考えて、全摘に踏み切ったのだそうです。しかしこれから結婚して子供を授かって、という夢がまさにもうすぐに現実になろうかとしていたその時期に、子宮と卵巣の全摘は、さぞかしつらかったと思います。しかし、手術前に見つけることができなかった微小ながん細胞が万が一残っていて転移してしまったらとてもマズいので、まずは本人が生きるために、全摘は免れないとの担当医の判断だったようです。現在は抗がん剤治療もしているそうですので、さらに入念に、すでにがん細胞が散ってしまっていたことも想定して、治療を進めているようですね。子宮頸がんは他の部位のがんに比べて基本的に再発率は低いそうですが、もしも再発してしまうと予後が良くないんだそうです。全摘と抗がん剤で、全力で再発を防いでいるようですね。そんな風にガンの恐怖と戦う中、嘉人さんは毎日お見舞いに行って、しっかりと尾崎亜衣さんを支えているのだそうです。そして手術が終わって落ち着いた2018年7月、子供の話をしていたことがずっと気になっていた尾崎亜衣さんは、子供を産んであげられないことを理由に嘉人さんと別れることを決断します。そして嘉人さんにそれを打ち明けたところ、嘉人さんはその場でご自身のお母さんに電話をしたのだそう。1時間後、お母さんが現れ、お母さんの目の前で、

「僕はこんな素敵な女性と知り合っていて、一生大事にしたい。どんなときも笑い合って、楽しく生きていこうと思って。だから俺と結婚してください」

と、プロポーズしたのだそうです。尾崎亜衣さんは戸惑いながらも承諾。正式に婚約となったのだそうです。嘉人さん、カッコイイですね。中身もめっちゃ男前!ちなみにそれに続く尾崎亜衣さんと嘉人さんのお母さんの会話は以下です。

尾崎「本当はお孫さんの顔をお見せしたかったのですが、難しくなっちゃって…。ですが、一生懸命頑張って彼を支えます。これからよろしくお願いします」

嘉人母「自分の体を大事にして2人で仲良くやっていったらいいね。体もよくなると思う。大丈夫よ」

泣けてきますね。泣きます、コレ。お二人で必ずや病気を乗り越えて、幸せな人生を送って欲しいですね。全力で応援していきたいと思います。

人間ドッグで検診してたって本当?

2017年2月、まだ体調の変化にはなんの自覚もなかった時期、尾崎亜衣さんはご自身初となる、人間ドッグを受けていたのだそうです。ちゃんと検診していたんですね。しかもそこでは子宮頸がんの検査もしていたのだそう。子宮頸がん検査の結果は、A判定。問題なし、という診断が下っていたのです。しかし、検診で問題なしとされてから3か月後の2017年5月、続いて8月にも、不正出血と酷い腰痛に悩まされた尾崎亜衣さん。おかしいと思い病院に行ったところ、今度は「子宮内膜症」と診断されたのだそうです。でも、子宮内膜症用の治療をしても、腹痛は収まるものの不正出血は収まらなかったし、謎の熱がでたりすることもずっと続いたのだそうです。ちょっとおかしいかな、と思いながらも、検診で問題なしで、子宮内膜症と言われたし、とガンであるとは思わなかったそうです。後に、現在の主治医は「このガンは2年前から始まっていた」「検診の先生はバイト医だから」と話していたと尾崎亜衣さんはブログで綴っています。検査の見落としを示唆するような主治医の発言ではありますが、ご本人は「ガンでない部分の細胞をとったのではないか」と考えているようです。素人の私としては、若年性がんですし、人間が思っているよりはるかに速いスピードでガン細胞が増殖する可能性だってあるのでは?と思います。実際、ガンであることを告知されることになる最後の検査では、一か月前の検査時には見当たらなかったボコボコの組織が子宮の入り口にできてしまっていたのだそうです。いずれにしても、人間ドッグの結果や過去の医者の診断があったとしても、自分の体がおかしい!と思ったら、すぐに再診するかセカンドオピニオンを受けるよう、気を付けなくてはいけないんですね。怖いからって現実の症状から目を背けてはなりません。とっても辛いですけどね。それと、やっぱり検診(早期発見)が一番大切です!自分の身体、自分で守りましょうね。

妹の由衣や姉に子供はいるの?

dads take their children to ride on the snow slides. sledges, fun, boy, girl. 出典:123rf

尾崎亜衣さんのブログを見ていたら、お子さんと一緒に写っている写真があったんです。妹の由衣さんは2016年に結婚されていますが、まだお子さんはいないようですし、誰の子どもかなぁと思ったら・・・・・、お姉さんのお子さんだと書かれていました。調べてみると、尾崎亜衣さん由衣さん双子には、さらに年子のお姉さんがいて(幼少期は3つ子状態ですね!お母さんすっごい大変・・・・!)、そのお姉さんには女の子と男の子の2人のお子さんがいるようです。

画像

しかもお姉さん家族は里帰りしていてしばらくは尾崎亜衣さんも子供達と一緒に暮らしていたようですので、姪っ子・甥っ子の成長を間近で見てきたのかもしれませんね。私の周りにも、自分に子どもがいなくても、姪っ子甥っ子のことを我が子のように溺愛している友達がたくさんいます。一緒に住んでいる場合は、我が子のように叱ったりするとも話していました。姉妹はとっても仲が良いようですし、尾崎亜衣さんご自身にはお子さんがいなくても、姪っ子・甥っ子とたくさん触れ合うことで、子育ての大変さや醍醐味を経験できるのではないかなと思いました。

まとめ

30代で子宮頸がんを発症したものの、前向きに病気と向き合い、女性としての幸せをつかみました。人生いつ何があるか分かりませんが、それでも恐れることなく前を向いて一歩ずつ着実に歩みを進めている尾崎亜衣さんを、これからも応援していきたいと思います。

関連記事