今村佳太の出身小学校から大学を調査!不祥事で実家の家族や評判は?

今日は2018年8月の不祥事で話題になったプロバスケットボール選手の今村佳太さんについて、気になることを調べてみます。

まずは、どんな人なの?ということで、小学校から中学、高校、大学までで分かっていることや、実家の家族についてまとめてみたいと思います。

そしてやっぱり不祥事のこと。世間では不祥事後の評判はどうなったのでしょうか。皆さんの声をまとめてみたいと思います。

若いのにもったいないなぁ。

今村佳太プロフィール

今村 佳太(いまむら けいた)

生年月日: 1996年1月25日

年齢: 24歳 (2020年3月現在)

出身: 新潟県長岡市

身長: 191cm

体重: 92kg

現所属チーム: 新潟アルビレックスBB

ポジション: シューティングガード/スモールフォワード

 

2017年11月末、大学4年生で新潟アルビレックスBBに加入。

12月にデビューしてすぐにスターティングメンバーに定着し、活躍しています。

2018年3月に大学卒業

2018年5月には、日本代表候補にも選出されています。

2018年6月、Bリーグ2018-19シーズンの選手契約に合意し、プロ2年目がスタートして2か月後、バスケ日本代表候補選手の3名とともに不祥事を起こし、謹慎処分となっています。

出身小学校から大学時代まで

不祥事騒動ですっかり有名になってしまった今村佳太さんですが、そもそもどんな人物なのか全然知りませんので、調べてみました。

所属している新潟アルビレックスBBのホームページに、今村佳太さんの学歴が載っていました。

それによると、小学校は、「新潟大学教育人間科学部附属長岡小学校」(2008年から新潟大学教育学部附属長岡小学校に改称)に通っていたそうです。

こちらの学校はのびのびしていて、学業や部活動に一生懸命取り組む生徒が多いみたいですね。

この方と一緒にミニバスをやっていたようなので、今村佳太さんは小学校のころからバスケをやっていたんですね。

多くのスポーツ選手はだいたい小学校でその競技に出会ってますから、今村佳太さんも例外ではないようで、今村佳太さんのバスケ人生は小学校から始まっていたとみて良さそうです。

そしてその後は、長岡市立東北中学校新潟県立長岡工業高等学校と進学しています。

この頃のバスケに関する情報はありませんでしたが、ミニバスをやっていてその後大学ではものすごい活躍をするので、きっと中学・高校時代もバスケをやっていたのだと思われます。

そして大学は、新潟経営大学経営情報学部経営情報学科に進学しています。

大学は2018年3月に卒業していることが分かっているので、2014年4月に入学したようですね(順当にいけば)。

そしてこちらの大学の男子バスケットボール部に所属していました。

調べてみると、新潟経営大学の男子バスケ部はとても強いんですね。インカレにも出場しています。

北信越では新潟経営大学か、信州大学か、というところみたいなので、今村佳太さんもバスケをやるためにこちらの大学に入ったのかもしれません。

中でも今村佳太さんは別格の強さだったようで、2年生だった2015年には、北信越大学秋季バスケットボール選手権にて大会得点王に輝いています。

続いて、3年生の春と秋の大会(北信越大学春季バスケットボールリーグ戦と北信越大学秋季バスケットボール選手権)では、ともに優勝し、今村佳太さんはどちらの大会でも大会得点王に。

更に4年生の春と秋の大会(同上)でも優勝し、春の大会では4度目の大会得点王に。

インカレでも29得点をあげ、「新潟のヤバいやつ」と言われていたようです。

(不祥事後、違う意味になってないといいですけど・・・・)

加えてU-24の日本代表候補にも選出されています。

こう見ると、地元では今村佳太さんの右に出るものはいない!というほどの活躍ですね。

そして4年生の秋にプロ入りしています。

ちなみに中学校を卒業した時には、身長が170cmほどだったそうですが、高校で185cmまで伸び、大学に入ってからもちょっとずつ伸び続けて191cmまでになったのだそうです。

体格に恵まれていることも大きいと思います。

実家の家族について

新潟県長岡市で生まれ育った今村佳太さんは、生まれてからずっと地元新潟にいる、生粋の新潟っ子

そして実家のご両親も、バスケの経験者だったのだそうです。

また、お兄さんとお姉さんがいると、過去にラジオで語っていたようで、そのお兄さんお姉さんもバスケをやっていたのだとか。

今村佳太さんがバスケに親しんできたのは、家族の影響が大きいようですね。

また実家にはミニチュアシュナウザーの「ダンク」という名前のがいるみたいです。

2015年春ごろから飼っていて、今村佳太さんはめちゃめちゃ可愛がっているんです。

それにしてもご両親やご兄弟がバスケをやっていた中、今村佳太さんがプロバスケ選手として活躍していることは、さぞかしご両親もお兄さんお姉さんも嬉しかったことと思います。

そこにきて、不祥事です。

しかも内容が内容なだけに、ご実家のショックは計り知れないですよね。

そして過去には今村佳太さん、こんなことを話しています。

「関東(大学リーグ)のレベルが高いのは事実です。ただ、地方でも自分の頑張り方次第でプロになれる。関東の選手たちに負けたくないという気持ちは強かったです。地方の大学生に限らず、今の新潟の小中高生に自分のようなキャリアでもプロで活躍できることを証明していきたいという意識はあります」

引用)BASKET-COUNTインタビュー

地元・新潟でずっと頑張って結果を出してきた選手なだけに、地元の方々の落胆ぶりも容易に想像できます。

そう考えると、2018年8月の不祥事は事の大きさ以上に、今村佳太さんにとって大きな大きな代償となってかえってくることも無理ないな、と思います。

不祥事後の評判は?

今村佳太さんのことを調べたところ、新潟以外での居場所を作った経験がないことが分かりましたので、もしバスケをしないとしても、これから他の場所で、他のことをやる、という発想が持ちにくいかもしれないと想像しました。

年齢的にはこれからの人なんですけどね。

2018年8月現在、選手としての復帰を望まないような声が9割以上となっていますが、今後の今村佳太さんを支える環境は新潟にはあるのでしょうか。

まずは今村佳太さんの将来に少しでも希望を見出しているコメントについて集めてみました。

結構厳しいコメントもありますが、これでも全然いい方なので、今回の件でどれだけ日本国民が失望したかが伺えます。

同じチームの選手はどうなんでしょうか。

2018年9月の時点で今村佳太さんと同じ新潟アルビレックスに所属する日本代表の先輩、五十嵐圭選手は、今村佳太さんが起こした不祥事について、このようにコメントしています。

「若いから、という言い訳は通用しない。日の丸を背負う自覚を持たなければ」(中略)「反省していると思う。チームメートなので、再起できるように自分たちがサポートしないと」

引用)日刊スポーツ

 

厳しくも温かい言葉もみられ、なんだか少しホッとしました

これからは、再起に向けてどのような努力を本人が見せるのか、チームもどのようなサポートがあるのか、ぜひ見てみたいなと思います。

2019年には無事にバスケットボールに復帰して、新潟アルビレックスで活躍しています。

中心選手として、すごい活躍です。

まとめ

今村佳太さんはまだまだ若いです。

失った信頼を回復するには長い時間が必要ですが、新潟で期待をしてくれていた人、恩師、そして何よりもご家族のために、何らかの形で再起できるよう、しばらくは踏ん張って欲しいと思います。

時間はかかっても、やり直しはできます!

しっかり反省をして、そしてまたいつか、心も大きく成長した今村佳太さんが表舞台で活躍できるよう、長い目で見守っていきたいと思います。

現在は、復帰して、新潟アルビレックスで中心選手として活躍しています。

関連記事

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です