カルロス・ゴーン被告が保釈中に楽器ケースに隠れ、レバノンへ海外逃亡!今後が気になる。


「日産自動車」や「ルノー」などの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めていたカルロス・ゴーンさんは、2018年11月に、東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕されました。

そのため、取締役を解任され、カルロス・ゴーン被告となっていました。その後、保釈中でした。

しかし、2019年12月31日、カルロス・ゴーン被告は保釈中の身でありながら、楽器ケースに隠れて飛行機に乗り込み、レバノンへ海外逃亡しました。

今回は、このニュースを海外留学経験もある小林廣輝アナウンサーがお伝えします。

ビジネスカバンとパスポート

小林廣輝アナの経歴!出身高校や大学はどこ?浪人&留学説を調査!

2018年7月5日

どのような方法で海外逃亡したのでしょうか?楽器のケースは何を使ったのでしょうか?

また、日産自動車やカルロス・ゴーン被告の今後はどうなるのでしょうか?

気になるので調べてみました!


カルロス・ゴーンさんのプロフィールや経歴

カルロス・ゴーン

出典:twitter.com

カルロス・ゴーンさんのプロフィールや経歴

名前:Carlos Ghosn(カルロス ゴーン)

年齢:65歳(2020年)

国籍:ブラジル、フランス、レバノン

身長:170cm

1954年、ブラジル生まれ。

6歳の時、レバノンに移住。中等教育はレバノンで受ける。

その後、フランスに移住。大学にあたるパリ国立高等鉱業学校で工学博士を取得して卒業。

1978年、タイヤメーカーのミシュランに入社した。

1985年、ブラジルにある南米ミシュランの最高執行責任者(COO)に任命される。

1990年、北米ミシュランの最高経営責任者(CEO)に任命される。

1996年、ヘッドハンティングされ、ルノーの上席副社長となる。

1999年、ルノーと日産の資本提携が行われたため、日産自動車の最高執行責任者(COO)に任命される。そのため、日本に移住。

その後、「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)となる。

2018年、東京地検特捜部に金融商品取引法違反の容疑で逮捕される。

2019年、特別背任罪で追起訴される。

その後は取締役を解任される。

カルロス・ゴーンさんはルノーや日産自動車、三菱自動車工業を統括する会社である「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)まで昇りつめました。

華々しい経歴ですね。

その後、カルロス・ゴーンさんは、金融商品取引法違反の容疑や特別背任罪などで起訴されました。

自動車契約

カルロス・ゴーン被告がレバノンで記者会見!司法取引をした日産の役員は?社外取締役の豊田正和とは誰?

2018年11月22日

その経緯には、カルロス・ゴーン被告の側近との司法取引もあったようです。

その後、日産自動車のCEOには西川廣人社長が就任しました。

スカイライン

西川廣人の出身高校や年収を調査!自宅や家族(娘)は?愛車は日産?

2018年11月20日

西川廣人CEOもその後、辞任しています。

2019年4月より、弁護人が保釈請求をして、カルロス・ゴーン被告は保釈金15億円で保釈されていました。

なぜ保釈中の身でありながらレバノンに海外逃亡した?

カルロス・ゴーンからの声明です。
私はいまレバノンに来ました。すでに私は有罪が前提とされています。差別が蔓延して、基本的な人権が無視されている不正な日本の司法制度の元にいなくなります。
日本の司法制度は、国際法や条約のもとで、守るべき法的な義務をかなり無視しています。
私は正義から逃れたのではないのです。
不公正と政治的迫害から逃れたのです。
今、私はやっとメディアに自由に発言できるようになりました。
来週から会見を始めるのを楽しみにしています。

これは、レバノンへ逃亡したあとにカルロス・ゴーン被告が発表した声明です。

カルロス・ゴーン被告は日本の司法制度に不満を持っているようです。

また、会見を開き、自身の正当性を表明し、日本の司法制度への不満を述べました。

しかし、実際は、巨額の賠償命令を逃れるために、レバノンへ海外逃亡したと思われます。

カルロス・ゴーン被告には、今後、100億円規模の損害賠償が待っているかもしれません。

保釈金の15億円は没収されますが、100億円規模の損害賠償からすると安いものです。

そのため、逃亡するなら、今しかない!と、いうことで、レバノンに海外逃亡したことが考えられます。


楽器ケースかスピーカーのケースに隠れて逃亡!その方法は?

保釈中の日本の自宅で音楽の演奏会していることを装っていたようです。

その際、搬入された楽器ケースにカルロス・ゴーン被告は隠れるという方法で、空港まで行ったようです。

コントラバスやハープ、ティンパニなど大きな楽器のケースとなると、余裕で人が入れます。

または、コンサートで使用するスピーカーのケースであれば、余裕で人が入れます。

楽器やスピーカーのケースに入ったまま空港までいったのではなくて、自宅の外に待機している車に乗るまで、カルロス・ゴーン被告は、そのケースに入っていたのでしょう。

何の楽器のケース?

Contrabass(Double bass)

Contrabass(Double bass) 出典:123rf

カルロス・ゴーン被告が隠れて出国や海外逃亡に使ったのは、何の楽器のケースでしょうか?

催された音楽会はクラシック音楽でしょうから、コントラバスや、ハープ、ティンパニなどが考えられます。

あるいは、音響機器であるスピーカーのケースです。気になるので検証していきます。

コントラバスの楽器ケース

この写真を見ると、コントラバスを空輸するケースは大きいので、身長170cmあるカルロス・ゴーンさんでも入れそうです。

さすがに空輸ケースの中は出国のさいに検査されるでしょうから、楽器ケース自体に隠れていないといけません。

コントラバス自体を入れている楽器ケースは180cm~200cmほどあります。

しかし、先が細いので、カルロス・ゴーンさんは入るには苦労しそうです。

コントラバスのソフトケースであれば、なんとか入れるし、他の人が背負って運ぶことも可能でしょう。

ハープの楽器ケース

ハープ自体が人の大きさと比べても、かなり大きい楽器です。

そのため、ハープの楽器ケースの中に、カルロス・ゴーンさんは入れそうです。

あまりに大きすぎて目立つし、逆に出国審査であやしまれそうです。

ティンパニの楽器ケース

ティンパニを空輸するケースはかなり大きいです。

しかし、楽器ケースを使わずに、ティンパニを直接、空輸ケースに入れるようです。

ティンパニの鍋の中に入るという方法もありますが…。

音響機器であるスピーカーのケース

Concert stage equipment, speakers, amplifiers, lights,boxes and musical instruments.

Concert stage equipment, speakers, amplifiers, lights,boxes and musical instruments. スピーカーのケース 出典:123rf

カルロス・ゴーン被告が日本から脱出する際、音響機器運搬に使われる黒いスピーカーのケースに隠れて、プライベートジェットに乗り込んだことが判明しました。

上の画像でもわかる通り、コンサートで使用するスピーカーは大きいので、そのケースも大きいです。

そのため、カルロス・ゴーン被告も余裕で入ることができます。

カルロス・ゴーン被告が息ができるように、スピーカーのケースの底には穴が開けられていました。

楽器メーカーのヤマハは「楽器箱に入らないで」と、注意を呼び掛けています。

誰が海外逃亡に協力?

カルロス・ゴーン被告の妻が計画したという情報があります。

そして、妻が依頼した組織が海外逃亡に協力したようです。

カルロス・ゴーン被告と同行して逃亡した者は、アメリカの警備会社関係者だということが判明しました。

元米特殊部隊員二名と逃亡したようです。

どうやって出国審査をパスして海外逃亡?その方法は?やはり楽器やスピーカーのケースに隠れて?

まずは、カルロス・ゴーン被告は新幹線を利用して、新大阪駅まで行きました。

その後、関西国際空港に行きました。

この情報によると、カルロス・ゴーン被告はプライベートジェットで海外逃亡したようです。

このときは、音響機器のスピーカーのケースに隠れて、貨物としてプライベートジェットに乗り込むという方法を使ったことが判明しています。

スピーカーのケースが大きすぎて、空港のX線検査をする機械に入らなかったようです。

そのため、出国する際の審査で、この荷物はX線検査が行われなかったようです。

空港職員が、開けて見るといいだけなんですけどね。

空港から出国するさいの管理体制も問われそうです。そのため法務大臣は出国手続きの厳格化を指示しました。

とにかく、関西国際空港よりプライベートジェットで海外逃亡したようですね。

まるで映画のような大胆な逃亡劇です!

1月2日、トルコの警察当局がプライベートジェットの運航会社のマネジャーやパイロットなど7人を逮捕したというニュースがありました。

やはり、関西国際空港からトルコのイスタンブール経由で、カルロス・ゴーン被告はレバノンに入国したようです。

1月3日、トルコの航空会社である「MNG」は、カルロス・ゴーン被告に航空機を違法に使われたとして刑事告訴しました。

日本とレバノンは外交問題に発展しそうですが、トルコは日本に味方になってくれるようです。

なぜレバノンに海外逃亡をした?

カルロス・ゴーン被告はレバノンに住んでいたこともあり、レバノン国籍も取得しています。

また、日本とレバノンは犯罪者引渡条約を締結していません。

レバノン政府が引き渡すとも思えません。

まもでカルロス・ゴーン被告はレバノンへの海外逃亡を選んだのでしょう。

1月2日、国際刑事警察機構(ICPO)がカルロス・ゴーン被告の引き渡しをレバノンに要請しました。しかし、レバノン法相は、それを否定しました。

どうやって海外逃亡後にレバノンに入国した?その方法は?

Woman reading French Liberation in living room newspaper.

Woman reading French Liberation in living room newspaper. 出典:123rf

保釈の条件に旅券の管理や海外渡航禁止というのがありました。

しかし、カルロス・ゴーン被告はフランスの国籍も取得しています。

そのため、妻や海外逃亡の協力組織が用意したフランスの旅券を使うという方法で、レバノンに入国した可能性があります。

追記。カルロス・ゴーン被告は元々、フランスの旅券を二冊持っていたようです。そのうちの一冊を弁護人が管理して、もう一冊をカルロス・ゴーン被告本人が持っていました。

海外逃亡して今後はどうなるのか気になる!

当然、カルロス・ゴーン被告の保釈は取り消されました。

今後、カルロス・ゴーン被告や日産自動車などがどうなるのか気になります。

今後、日本政府はレバノン政府にカルロス・ゴーン被告の身柄引き渡しを要請するでしょう。

しかし、日本とレバノンは犯罪者引渡条約を締結していないこともあり、身柄引き渡しは実現しないでしょう。

日本とレバノンの外交関係が悪化することが懸念されます。

また、カルロス・ゴーン被告の裁判が進行しないことにより、日産自動車や三菱自動車工業にとっても痛手かもしれません。

今回の件で一番苦い思いをしているのは日産自動車でしょう。これからというときに、立て直しが難しくなったかもしれません。

また、来週からのカルロス・ゴーン被告の会見では、日産自動車の内部情報が出てくるかもしれません。

今後、ますます、日産自動車は苦しい立場となることが予想されます。

当然、海外逃亡を防げなかった東京地検特捜部も苦い思いでしょう。

また、保釈請求をした弁護人や、保釈を認めた裁判所も苦い思いでしょう。

カルロス・ゴーン被告が保釈中に楽器ケースに隠れ、レバノンへ海外逃亡!今後が気になる。まとめ

Nissan motor company logo in front of dealership building.

Nissan motor company 出典:123rf

カルロス・ゴーンさんは、「ルノー・日産・三菱アライアンス」の社長兼最高経営責任者(CEO)まで昇りつめました。

しかし、その後、金融商品取引法違反の容疑や特別背任罪などで起訴されました。

保釈中でしたが、レバノンに海外逃亡しました。

当初はコントラバスの楽器ケースに隠れていたという説がありましたが、コンサートの音響機器であるスピーカーのケースに隠れて、プライベートジェットに乗り込んだことが判明しました。

そのため、保釈は取り消されました。日本政府はレバノンに身柄引き渡しを要請するでしょう。

ここまで、小林廣輝アナウンサーがお伝えしました。

また、来週、カルロス・ゴーン被告はレバノンで会見を開きます。

どのようなカルロス・ゴーン被告の発言が飛び出すのかも気になりますね。

アナウンサーや芸能、スポーツ、ニュース、美容法など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です