高校受験の面接で聞かれる志望理由!簡潔にわかりやすく答えよう。短所は長所と併せてアピールポイントにする

高校受験で「面接」が不安という方は多いです。面接でどんなことを聞かれるのか、どんな行動が好印象に映るのかドキドキしますよね。でも、前もってどんな質問が来るのか予想して答えを用意しておくと、その緊張も少し和らぎます。 面接で気を付けたいことや、志望理由、良い自己アピール・悪い自己アピールなどをご紹介します。

高校受験の面接で聞かれる志望理由は?答えるのは、みんな苦手

出典:123rf

面接って静かな空間で自分のことを知らない人に聞かれて答える、考えるだけで緊張しますよね。面接が苦手だという人もたくさんいます。しかも、高校受験の面接が自分の人生で初めての面接だという中学生は多いですよね。

どんなことを聞かれる?

Old teacher and young male student in front of blackboard. 出典:123rf

それには、まずどんな質問を聞かれるということを考える前に面接官がその質問をする意図を考えることが大切になります。その質問によって、面接官はその人の何を知りたいのかということを考えると良いです。

面接で聞かれる基本的な質問には、志望動機や自己評価や性格、中学生活についてや目標などについて聞かれることが多いです。全ての質問には、面接官の目を見て、ハキハキと大きな声で答えることが大事です。

まずは、それによってこの生徒がどんな生徒なのか、第一印象を見られていますよ。

志望理由を聞かれたら簡潔にわかりやすく答えよう

Group of friends roasting marshmallows on bonfire at camping site in evening. 出典:123rf

高校受験の面接では、必ず志望理由が聞かれることでしょう。どこの学校でも面接に掛ける時間は、一人につき10分程度といったところです。ですから、長くならないように、簡潔に答える方が好感を持たれます。

志望動機では何を伝えたら良いの?
A girl with a laptop at home sits on the floor. 出典:123rf

ただ単に学校が家から近いからといった理由はやめておきましょう。どうしてこの学校に入学したいのか、その熱意を伝えるのが一番です。そのためには、やはり具体的な理由を答えられるようにしておきましょう。

きちんと高校のことを調べて、それを自分の言葉にして答えるのが大切です。

そして、目標は合格することではなく、合格したらどんなことをしたいのかを答えられると良いです。将来の夢などを加えて答えられたら、よりわかりやすく好感を持たれるかもしれません。この学校に絶対に入りたいと思う理由をわかりやすく伝えましょう。

将来の希望を見据えて
Basketball on red court floor with natural lighting. Workout online concept. Horizontal sport poster, greeting cards, headers, website and app. 出典:123rf

高校の志望理由とは、どうしてこの高校に入学したいのか、そして高校の学生生活ではどんなことをしたいのかをしっかりと伝えられることが大事です。自分の将来就きたい職業へのステップだったり、入部したい部活動があるということでもいいです。

家が近いなどと言った単純な理由ではなく、どうしてもこの高校に入りたいという熱意の伝わる志望理由を伝えましょう。

この高校によってどんな勉強がしたいのかでもいいのです。その高校の教育理論を調べた上で、それを理解し、自分の言葉で伝えるのも大切ですよ。高校というのは、自分の将来の夢を掴むためのステップにもなります。学校側は、その生徒がどんな夢を持って志望しているのか、学校生活に対する前向きな姿勢に期待しているのです。

面接で聞かれる長所と短所、回答例をご紹介

出典:123rf

面接では、志望動機の他にもその生徒がどんな生徒なのか、性格について聞かれることが多いです。その中で、長所と短所について質問されることもあります。このとき、短所はマイナスのイメージのことばかり話す必要はありません。

短所は長所と併せてアピールポイントにする
Woman with her adorable cat at home, closeup. 出典:123rf

短所って言い方に工夫をするだけで、長所にも取れてしまうのです。そして、それを伝える上で、具体的なエピソードを交えながら話すことができれば、よりわかりやすく良い答えと言えるでしょう。

その他にも、中学校生活で頑張ったことや高校に入ってやりたいことも聞かれることがあります。

それらもできるだけわかりやすく、具体的に答えることができれば好感を持たれるはずですよ。

例えば、部活でどんなことを頑張って取り組んできたのか、その結果どうなったのかなどです。

また、高校ではそれを生かして、さらにどんなことを目指していきたいのかなどです。

身だしなみを気を付けて好印象にしよう

young stylish guy rides a bicycle student travels to school. 出典:123rf

高校の面接では第一印象を意識しよう。面接と言えば、最も大切なのが身だしなみですよね。なんと言っても、身だしなみひとつで第一印象が決まってくると言ってもいいです。

面接では、どんな質問の答えよりも第一印象が大切ですよ。

例えば、髪がボサボサだったり、制服がだらしない恰好をしている生徒がどんなにすばらしい答えをしたところで面接官に響くでしょうか?むしろ、伝えたいことをうまく伝えられなくても、身だしなみがきちんとしていて、ハキハキとした受け答えができていれば、それだけで面接官には好印象ですよ。

ですから、面接が苦手で緊張してしまっても、答える内容を焦って考えるよりは、身だしなみを気を付ける方がいいです。高校の受験の面接では、素直に答えたからって問題ないのですから。

その生徒がどんな生徒でどうしてこの高校を選んだのかを知りたいだけなのです。だからこそ、第一印象が大事になってきます。

関連記事

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です