軽井沢スノーパークスキー場2019!リフト券やレンタル・温泉の割引(早割)クーポンは?

スキー場リフトイメージ

こんにちは!Sakuraです。

子供にたくさん雪遊びさせたい!できればスキー・スノーボードもさせてみたい!と思っている方は多いと思うのですが、独身時代とは違って、家族連れで行くとなると、お財布事情も気になりますよね。

今日はファミリーに大人のスキー場「軽井沢スノーパーク」で、お得にリフト券を購入したりスキー・スノーボードをレンタルをする方法についてご紹介したいと思います!

もともとファミリーに優しい価格設定である軽井沢スノーパークなんですが、そこからさらにお得になる方法があるんですよ。

お得情報をゲットして、手軽に週末スキー、楽しんじゃいましょう♪

スポンサーリンク


軽井沢スノーパークのリフトとレンタルの通常料金(値段)は?

まずは軽井沢スノーパークスキー場で購入できるリフト券やスキーのレンタル料金についてまとめてみたいと思います。

リフト券の値段(現地購入の場合)

券種 大人
(中学生~54歳)
子供
(4歳~小学生)
1日券
(休日は8:30~16:30)
 3,500円  2,500円
4時間券  2,900円 2,200円
2時間券 2,400円 1,700円

※55歳以上はシニア料金(子供と同額)が適用されます。

大人のリフト券は4000円以上するスキー場も多いなか、かなり大人のリフト代は安く設定されていますね。

子供のリフト代はそんなに安くないか、4歳から子供料金ですので、雪遊びを全くしないご家庭であれば少し高く感じるかもしれません。

ただ、軽井沢スノーパークでは、ファミリーパックという、家族で購入するとリフト代がお得になるセットが用意されています。

プラン 券種 料金
A 大人1名+子供1名 5,200円(通常6,000円)▲800円
B 大人1名+子供2名 7,400円(通常8,500円)▲1,100円
C 大人2名+子供1名 8,200円(通常9,500円)▲1,300円
D 大人2名+子供2名 10,200円(通常12,000円)▲1,800円
E 大人2名+子供3名 12,200円(通常14,500円)▲2,300円

ウェルカムファミリーのスキー場ということもあり、家族セットで購入した場合にこれだけ割引をしてくれる、というのもとても嬉しいですよね♪

すでにお得感満載で、これがあるだけでも、軽井沢スノーパークは魅力的なスキー場です。

ちなみに営業時間は平日は8:45~16;20と、休日よりも少し短くなっているようですので、ご注意くださいね。

スキー場でのレンタル料

次に、スキー場でのレンタル料金についてです。

スタンダードなスキーセット(板、ブーツ、ストックの3点セット)、あるいはスノーボードセット(板とブーツの2点)では、

レンタル料金

大人(中学生以上):1日 4500円、4時間 3000円

子供(小学生以下):1日 4000円、4時間 2500円

となっています。

SALOMON、ROSSIGNOLやBURTONなど有名ブランドのものを多数そろえているそうですが、それにしてもちょっと子供のレンタル料金が大人並みなのが気になりますね。

もちろんウエアのレンタルや、グローブやヘルメットなどの単品でのレンタルも可能ですので、詳しくは軽井沢スノーパークのホームページをチェックしてみてくださいね。

雪遊び専用のちびっこゲレンデは、リフト券があれば無料!

近年は家族連れをターゲットとして、雪遊び専用のキッズパークが併設されているゲレンデが多くなりましたが、軽井沢スノーパークにも「ちびっこゲレンデ」として雪遊び専用ゲレンデがあります。

ちびっこチュービング

営業時間は、平日は9:00から16:30、土日祝日や年末年始は8:30から16:30です。

しかもこちらのちびっこゲレンデへは、「リフト券を持っていれば入場無料」なんです。

リフト券で雪遊びゲレンデへの入場を割引してくれるところはあっても、リフト券の有無に関わらず雪遊びゲレンデへは入場料を支払うことになっているスキー場も多いですので、軽井沢スノーパークはファミリーのお財布にとっても優しいですね!

ただし、リフト券をもたないお子さんや、リフト券をもたない付き添いの方は、以下の「雪遊びチケット」の購入が必要です(ただし3歳以下は無料です)。

券種 大人
(中学生~54歳)
子供
(4歳~小学生)
1日券 2,000円 1,500円
4時間券 1,700円 1,000円
2時間券 1,200円 500円

リフトと同じように4時間券や2時間券が用意されているところが嬉しいですね。

ちなみに、こちらの雪遊びチケットで「チュービング」(初心者コースの横にある大人も乗れるチュービング)も利用可能です。

さらにちびっこゲレンデでは、スノーエスカレーターで上がってソリや小さいチュービング(ちびチュービング)で滑り降りて遊んだり(ちびチュービングは専用のコースがあります)、スノーストライダー専用コースを自由に利用することができるのですが、ソリやチュービングなどすべてのアイテムが無料でレンタルすることができるんです。

ソリ置き場

使用したソリはソリ置き場に、使用したちびチュービングはチュービング置き場に戻されますので、順番に使いましょう。

ただし、ソリを持参している方もなかにはいらっしゃいますので、その辺のソリを勝手に使うのはやめましょうね。

スポンサーリンク


リフト券の割引は電子チケットで!リフト券で温泉もお得に!

さて、ここからが今日の本題です。

ファミリーに優しいゲレンデである軽井沢スノーパークですが、うちのような4人家族(大人2名子供2名)で1日スキーをするとなると、全員分のリフト券代だけでも、1万円は間違いなく超えるんです。

ファミリーに優しい軽井沢スノーパークでも、スキー場で普通に購入したら、お得なファミリーパックDを利用したとしても、10,200円(通常12,000円)かかります。

ここはもっと安くする方法はないのでしょうか。

いや、あるんです!

めちゃめちゃ安くなる方法が!

しかも、当日購入して、当日すぐに使えるんです!

その名も・・・

電子チケットぉぉぉ!」(テレレレテッテレー♪)

スマホがあれば誰でも安全に使える方法で、とっても安くリフト券がゲットできますのでご紹介しますね。

電子チケットが快適で超絶お得!

そんな素敵な「電子チケット」のサービスを提供してくれているところはいくつかあるのですが、その中でも、軽井沢スノーパークの電子チケットを最も安く提供してくれているのが、

WINTER PLUS(ウィンタープラス)

というサイトです(電子チケットはJTBが発行します)。

気になるそのお値段なのですが、さきほどのうちとケースである、「大人2名+子供2名の親子一日リフト券(10,200円)」が、なんと!

7,400円

で購入できるのです!

2800円もお得なんです!(すごっ!)

他にもWINTER PLUSの電子チケットとして軽井沢スノーパークのリフト券が何種類か販売されているのですが、大人の1日券(定価3,500円)は電子チケットではなんと、

2,300~2,500円 (1,000~1,200円お得!)

ファミリーパックA(大人1名+子供1名のリフト1日券)では(定価5,200円)、電子チケットで

3,800円

と、1,400円もお得!

もはや2時間券を買うより圧倒的にお得になってきます。

しかもお安い1日券をゲットしてスキー場に向かえば、何時に到着しなきゃとか、あとどれだけ滑れるのか、ちびっこゲレンデはどうするのか、といったことを一切気にしないで、一日好きに遊ぶことができるのですから、もう電子チケットを買わない手はないですね。笑

電子チケットは、そのシーズン中はずっと有効ですし、お子さんが体調を崩していないということが確認できる前日や当日に購入すれば間に合う!というのも嬉しいですよね。

(ただし、チケットによっては「利用日の前日までに購入」という条件が付いているものもあります。上記の大人1日券2,300円は、利用日前日購入条件の下での値段となっていますので、購入のタイミングはチケット毎にご確認ください)

みなさんも、WINTER PLUSにメンバー登録(無料)をして、お得にリフト券をゲットしましょう~♪

WINTER PLUSの登録方法は?

WINTER PLUSでは電子チケット以外にも、郵送して送られてくる早割チケット(早割リフト券)を購入することもできるんですね。

このリフト券もものすごいお得になるものがたくさんありますので、ぜひチェックしてみてください。

ただ、こちらのチケットの場合、送料が500円かかったり、WINTER PLUSにメンバー登録(無料)をしないと、購入手数料として10%が加算されたりします。

電子チケットの場合には、送料や手数料も無料になりますのでWINTER PLUSに登録する必要はないですが、電子チケットに対応しているスキー場も全国で130スキー場と、まだ限られています。

そのため、早割リフト券の方をWINTER PLUSから購入したいということもあると思います。

WINTER PLUSのメンバー登録方法や、早割リフト券に関しては、こちら(↓)を見てみてくださいね!

富士見パノラマスキー場2019!リフト券やレンタルの割引クーポンは?

2019.01.16

リフト券があれば温泉も割引される!

軽井沢スノーパークは、「プレジデントリゾート軽井沢」というリゾートホテルに併設されているスキー場なので、スキー場すぐ近くのこちらのプレジデントリゾートホテル軽井沢を利用する方もたくさんいらっしゃるかと思います。

うちは今回の宿泊はスキー場から車で15分くらいのペンションに宿泊したのでプレジデントリゾートホテルではなかったのですが、連休で混雑するランチタイムには、こちらのホテルで「カレーバイキング」のランチが営業されていることも放送していました。

そしてこちらのホテルには、「相生(あいおい)の湯」という日帰り入浴ができる天然温泉があるんです。

天然温泉「相生の湯」

外来入浴受付時間:12:30~19:00

料金(フェイスタオルレンタル付):

大人(中学生以上)1,080円

子供(4~12歳)540円 (3歳以下は無料)

温泉まではゲレンデから徒歩3分

冬は露天風呂から雪景色も見える雪見露天風呂に♪

サウナジャグジーもあります。

そしてこちらはスキー場を利用した人(リフト券か雪遊び券の提示)で最大50%の割引をしてくれるんです。

温泉の割引料金

大人1080円→平日540円、土日祝日・年末年始970円

子供540円→平日270円、土日祝日・年末年始540円

バスタオルは200円でレンタルすることができますが、はじめから温泉も利用することが分かっていたら、小さめでもタオルを持参するといいですね。

スキーに訪れた方々の、疲れて冷えた身体を癒してくれる「相生の湯」。

疲れが出過ぎて帰りの運転で眠くなる、ということのないよう、温泉を楽しんだあとも休息をお忘れなく!

安く予約なしで当日レンタルする方法は?

さて、お子さんのスキーやスノーボードのセットをレンタルしている、というご家庭も多いのではないかと思います。

お子さんはすぐに大きくなりますし、ジャストサイズを常に利用したい、と考えれば購入せずにレンタルで、ということにもなりますよね。

しかも、現地では週末ともなるとレンタル窓口が混雑していることも多く、なかなか借りられずに時間が過ぎていく・・・・なんてことにもなりかねません。

レンタル代も結構しますし、ここはできるだけ安く、早く借りたいところですよね。

しかも、軽井沢スノーパークの子供のレンタル料金は、1日4000円と高額。

でも、あるんです、安く借りられる方法が。

その方法とは・・・どのスキー場でも同じことが言えるのですが、

“なるべくスキー場から遠いショップでレンタルする”

ということなんです。

すごくシンプルなことなんですが、値段が全然違います

待ち時間もほぼない、といってもいいと思います。

レンタル板は一流ブランドのものではなかったり、スキー場でそろえているものより本格的なものではないことが多いですが、それでも子供がスキーやスノーボードを安全に楽しむには十分なものになっています。

うちが軽井沢でいつも利用しているのは、こちらのショップです。

ナイスワン

こちらのお店のサイト(↑)の激安割引券をスマホに表示させてお店で見せれば、以下の値段でレンタルできるんです!

ナイスワンでのスキー(カービング)のセット(1日)

大人:2,200円(平日)or 2,500円(土日祝日)

子供:1,500円(平日)or 2000円(土日祝日)

スキー場の半額くらいになりますよね!

こちらのお店は品ぞろえも多いですので、スキー当日に立ち寄ってもレンタルできますが、心配な方は事前に電話予約をしてもいいかもしれません。

詳しくはお店のホームページでご確認ください!

まとめ

いかがだったでしょうか。家族で行くスキー場、とっても楽しいんですけどお財布事情が。。。と二の足を踏んでしまいがちですが、リフト券やレンタルはこれだけお得に利用できる技があるんですよね。

こういう情報、知っているのと知らないのでは、出費も全く変わってきます。

そして得した分で、もう一回行くのもいいし、少し豪華なホテルに宿泊する、というのもいいかもしれませんね。

いずれにしても、今日こうしてこのサイトを見てくださった方がご家族でたくさんの楽しい時間が過ごせるよう願っています!

軽井沢スノーパークスキー場2019!土日の駐車場・ゲレンデやレストランの混雑状況は?

2019.02.17

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です