作り過ぎた手作りゼリーは冷凍保存できる?解凍後は味の質が落ちる?

手作りゼリーを作り過ぎてしまった!そんな時は冷凍保存することは出来るのでしょうか?手作りゼリーに限らず市販のゼリーも、冷凍すると味が変わってしまうなんていう話もあります。ゼリーの賞味期限や保存方法について調べてみました。

作り過ぎた手作りゼリーは冷凍保存できる?

Homemade fruit jelly. Delicious berry dessert. Vertical crop. Close-up. 出典:123rf

多めに作って余ってしまった手作りゼリー。冷凍保存しようと考える人も多いでしょうが、冷凍することによって食感は変わります。アガーを使った手作りゼリーであれば食感は変わりにくいと言われていますが、それ以外は完全に変わってしまいます。

寒天やゼラチンを使ったゼリーを冷凍した場合、離水してしまうためジャリジャリになってしまいます。そのため、解凍しても元のゼリーには戻らないのです。

市販のゼリーやこんにゃくゼリーであれば、ほとんどがアガーを使っているゼリーなので、問題ありません。

もし冷凍保存したいのであれば、ゼリーを作るときアガーを使いましょう。

手作りゼリーは冷凍すると食感は変わりますが、シャーベットのような食感を楽しむことができます。半解凍で食べるようにすると、おいしいです。全解凍してしまうと、ガサガサした感じになっておいしくありません。

冷凍した手作りゼリーの賞味期限は約2週間です。家庭用の冷凍庫の場合、開け閉めによって温度が変わります。そのため長期保存はしない方がよいです。

賞味期限とは?解凍後は味が変わってしまいます

View from the top of Marmolada. Dolomites. 出典:123rf

手作りゼリーの賞味期限は長くても2日間と考えた方がよいです。保存状態や素材によっても変わりますが、できれば作ったその当日か翌日中に食べきった方が味もおいしいです。

賞味期限を少しでも伸ばしたいからと冷凍保存を考える人もいるかもしれませんが、先ほども説明した通り食感が変わります。解凍後は、ゼリーのぷるぷるとした食感は楽しめなくなります。さらに、手作りゼリーは長期間の冷凍保存に耐えられません。

どうしても冷凍保存したいのであれば、シャーベットのような食感で食べることを覚悟しましょう。

市販のゼリーはアガーを使っているものが多いのですが、冷凍可能の表示があるかどうかを確認してから冷凍しましょう。表示がない場合は冷凍しないほうが良いです。

成分が分解されて、解凍後は味の質が落ちる?

Gelatin powder in bowl on white wooden table, closeup. 出典:123rf

何でも冷凍すれば賞味期限が伸びると考えてしまいがちですが、市販のカップ入りのゼリーを冷凍して解凍すると、味も品質もおちてしまいます。冷凍可能なものなら良いでしょうが、それ以外の場合は成分が分解されてしまいます。

さらに冷凍することによって、膨張します。形も変形してしまうので、容器も開けにくく食べにくいと感じるかもしれません。

冷凍してもおいしく食べられるレシピなどもあるようですが、一般的には味が薄くなってしまい、甘味も下がってしまいます。

冷凍することで菌が増殖することはないので害はないでしょうが、ゼリーはそのまま食べた方がおいしいです。

特に牛乳などを入れたババロアのようなものは、その日のうちに食べた方が安全といえます。

冷凍すると美味しくなるという意見も!
Red Homemade Popsicle Fruit Juice Ice Ice Cream Summer Dessert Wooden Background Vertical. 出典:123rf

もらいものでゼリーがたくさんある場合、冷蔵ではなくあえて冷凍保存するという人もいます。その時は縦に並べるようにして置くようにすると多少凍りにくいようです。

ただし冷凍する場合でも翌日食べるようにした方が良いです。冷凍室から重ねたゼリーを出して食べてみると、固くなりすぎずスプーンの通りも良いと言います。

夏であれば、その暑さで凍ったゼリーが少しずつ溶け始め、外側は柔らかくゼリーの食感が残り、内側はシャリシャリとシャーベットのような食感になります。二層に分かれた食感が楽しめ、冷凍の冷たさとマッチします。

しかし、これは冷凍した翌日に食べたから味わえたかもしれません。長期間冷凍保存した場合は、違う食感になります。

もともとゼリーは冷凍保存には向かないデザートです。アガーを使っているものであれば冷凍保存できますが、手作りゼリーでアガーを使う場合は、作る時に注意しないとダマになりやすいです。

ゼラチンの代わりに使う場合は、アガーの方が固く仕上がる傾向があるとも言われているので、調節して使うようにしましょう。

冷凍した手作りゼリーをお弁当に入れたい!その際のポイントとは

two halved green and golden kiwis, blueberries and an apple called red moon in a stainless steel bowl on a table. 出典:123rf

子供のお弁当に手作りゼリーを入れたい!と考えるママもいるのではないでしょうか?

お弁当に手作りゼリーを入れる場合、気を付けるポイントがあります。それは「ごはんやおかずが冷めてから入れる」ということです。ごはんやおかずが熱いうちに手作りゼリーを入れてしまうと、ゼリーは水のように溶けてしまいます。

また、お弁当用の手作りゼリーは少し固めに作った方が良いでしょう。固さで言えば、お豆腐くらいが良いかもしれません。

中にフルーツを入れた手作りゼリーもおすすめです。寒天に水を入れないでオレンジジュースを使い、オレンジを入れた手作りゼリーなども子供は喜びます。冷凍から解凍しても問題ありません。

手作りゼリーをお弁当に入れるのであれば、他のおかずはとんかつなどの油が多めのメニューにするとよいです。

関連記事

彼氏や彼女、友人、家族と、この記事をシェアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です